【NEWS】男子3×3代表がアジアカップをベスト8で終える。

 


10月27日、男子3×3日本代表はFIBA 3×3アジアカップ2017を予選プール2位で決勝トーナメントに進出した。

今日、29日の準々決勝でカザフスタンと対戦したが、残り1分28秒までは14-15と一点差で追いかけていたが、その後は徐々に点差をあけられ15-21でノックアウト負けした。

【3×3日本代表メンバー】

小松 昌弘 (33) RBC東京 / DIME.EXE(PREMIER.EXE)
比留木 謙司 (32) 三遠ネオフェニックス / TRYHOOP.EXE(PREMIER.EXE)
落合 知也 (30) リンク栃木ブレックス / BREX.EXE(PREMIER.EXE)
川内 滉大 (19) 履正社医療スポーツ専門学校

これまで日本代表は、2人のガード、2人のインサイドプレーヤーという構成で臨んできたが、今回は落合、比留木、小松と3人のインサイドプレーヤー、ガードは川内のみと、サイズ重視の編成であり、2020年のオリンピックに向けて、日本は2ガードの機動力が合うのか、ビッグマン中心が合うのか、可能性を探りながらの今大会であった。

 

SALU
About SALU 23 Articles
監督も務めていながらも、現役プレイヤーとして活躍している。マイペースで自由気まま。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*