【NBAニュース】『#NBA Together』が立ち上がる

NBA2019-2020年シーズンが新型コロナウィルスでシーズンが中断してから約1ヵ月が経ちました。今後再開の話も出ているものの、無観客対応、はたまたそのまま中止、色々な話が出ていますが今回はNBAが配信する新たな取り組みである『#NBA Together』をご紹介します。

NBAはNBAが持つ影響力を、新型コロナウイルス対策へとフル活用するためにグローバルコミュニティおよびソーシャルエンゲージメントキャンペーンである『NBA Together』を立ち上げました。

このキャンペーンの概要は最新の健康安全情報の発信、ガイドラインなどを共有し、デジタルツールやバーチャルイベントを通じて人々とデジタル上で繋がり、みんなでこのパンデミックを乗り越えようというプログラムとなります。

このプログラムは大きく分けて4つの軸があり、『Know the Facts(事実を知る)』、『Acts of Caring(思いやりの行動)』、『Expand Your Community(コミュニティの拡大)』、『NBA Together Live』で構成されています。

NBA・WNBAチームと選手が、すでに行った3,000万ドルを超える寄付を含め、NBA Togetherの一環として新型コロナウイルスの影響を受けた人々、世界中に必要不可欠なサービスを提供しているコミュニティや医療機関を支援するためにNBAファミリーは5,000万ドル以上の寄付を行う予定となっています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

『NBA Together』4つの軸

この『NBA Together』は大きく分けて4つの軸があり、『Know the Facts(事実を知る)』、『Acts of Caring(思いやりの行動)』、『Expand Your Community(コミュニティの拡大)』、『NBA Together Live』で構成されています。 それぞれ4つの項目を確認してみましょう!

『Know the Facts(事実を知る)』

NBAは世界中のファンが、自分の地域の情報を知り、彼ら自身や周りの人々をコロナウイルスから守るために必要な最新の情報を提供する『NBAファンのための新型コロナウイルス関連情報』ウェブページを開設しました。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)、世界保健機関(WHO)、アメリカの前公衆衛生局長官のヴィヴェック・マーシー氏などを含む専門家による新型コロナウイルスのリスクを軽減するための情報を公開しています。

世界が状況の変化が目まぐるしいパンデミックと向き合うなかNBAとWNBAは今後も影響力のある選手、コーチ、レジェンドなどの公共広告通して、ファンが安全で心身ともに健康に過ごすための最善策を発信していきます。

『Acts of Caring(思いやりの行動)』

『Acts of Caring』イニシアティブは、大小問わず100万回の思いやりの行動の喚起により、コミュニティの力とボランティア精神にスポットライトを当てようというものです。NBAは選手、ファン、すべての皆様に、それぞれがどのように友人、家族、コミュニティをサポートしているのかを『#NBATogether』をつけてTwitter、Instagram、Facebok、TikTokに投稿することを呼びかけています。例えばバーチャル教室で教える、隣人のために買い出しに行く、寄付など、様々な行動が含まれます。詳細は cares.nba.com/actsofcaring をご覧ください。

『Expand Your Community(コミュニティの拡大)』

「社会と距離を置くこと、人混みを避けること(social distancing)」が推奨されている中、NBAは心身ともに健康でいられるように、バーチャルな手法やコンテンツでコミュニティを拡大することを勧めています。

今は友人やチームメイトとプレーできないが、アクティブで居続け、バスケットボールを練習し、NBAとつながっていたい願う若者のために、『Jr. NBA at Home』という新しいインタラクティブなコンテンツシリーズを開始しました。このプログラムでは、身体活動を促進し、自宅の限られた場所で一人でも行なえるバスケットボールドリルなどを紹介しています。さらに、世界中の少年少女が健康かつ安全な方法で体を動かし続けることをインスパイアするNBAとWNBA選手が監修するコンテンツやメッセージも配信します。同プログラムは @jrnba のソーシャルメディアチャンネル(Twitter、Instagram、Facebook、YouTube)への毎日の投稿に加え、世界中に広がるNBAデジタルチャンネルで展開し、NBAの技術パートナーであり、モバイルAIバスケットボールトレーニングアプリである『HomeCourt』とも連携しています。

『Jr. NBA at Home』に加え、NBAは教育とウェルネスパートナーである『Discovery Education』『Scholastic Inc.』『NBA Math Hoops』など、既存のリソースを活用し、在宅学習を行っている生徒や親をサポートします。在宅学習が楽しくできるように、NBAのパーソナリティや教育者による短いバーチャル授業動画を配信しています。

そしてこの不確かな状況下で大きな不安やストレスと闘うために、NBAはKaiser PermanenteHeadspaceとパートナーシップを結び、ファンと周りの人々の精神面の健康も気にかけるよう、メンタルウェルネスと回復力を高めるリソースとツールを提供します。

『NBA Together Live』

毎週平日、日本時間 午前4時(米国東部夏時間、午後3 時)より、NBAファミリーが世界中のファンとつながるため、ライブインタビューに出演したり、ファンからの質問に答えるInstagram Liveを行います。第1回の出演者は、クリーブランド・キャバリアーズのフォワード、ケビン・ラブでした。

選手やチームがそれぞれのコミュニティにポジティブな影響をもたらす活動を行なうことに、「bigger than basketball(バスケットボールを超える)」というフレーズがよく使用されます。この世界的なパンデミックへの対応は、まさに「bigger than basketball」の縮図であり、NBAは今後も世界中の人々が一つになり、この辛い期間を乗り越えるために尽力していきます。

※以上はNBA.comに載っている内容抜粋です。 ご確認ください。https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/nba-launches-nba-together-campaign/saai96k4t6x11erjlmv66zv7r

おすすめ記事 → 【バッシュ|Adapt BB】Nike(ナイキ)から販売されている靴ひも無しの自動調整バッシュ

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 586 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*