【NBA選手名鑑】一級品の身体能力・技術力を兼ね備えている男~マービン・バグリー~

【reference=https://www.cinchbet.com/sacramento-kings-forward-marvin-bagley-iii-to-miss-remainder-of-summer-league/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

 

今回はNBA選手名鑑をお送りしていこうと思います!

本日紹介するNBA選手は・・・マービン・バグリーです。

NBAドラフト2018において2位指名でNBA入団を果たしました。

同学年のプレイヤーには敵がいないという噂もあるマービン・バグリー

そこで、マービン・バグリーのプロフィールと魅力をふまえながら紹介していこうと思います。

 

 

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

 

 

 

【マービン・バグリーのプロフィール】

【reference=https://www.givemesport.com/1375177-marvin-bagley-iii-tips-himself-to-win-mvp-in-his-rookie-year】

 

本名:マービン・バグリーⅢ(Marvin bagley)

【誕生日】1999年3月14日
【出身地】アメリカ合衆国アリゾナ州
【身長】211cm
【体重】107kg
【所属】デューク大学
【背番号】35番
【ポジション】パワーフォワード

 

マービン・バグリーは、高校時代、学年を1学年早めて大学に進学を果たしました。

その進学先で選択したのがデューク大学でした。

デューク大学時の成績では1試合平均20得点・10リバウンド以上を記録しており、シーズンでのダブルダブルを達成している選手です。

ある試合では、30得点20リバウンド以上という驚異的な数字を残したこともあります。

デューク大学入学時から驚異的なスタッツを残してきたマービン・バグリーでるからこそ、同学年に敵がいないと言われていたのかもしれません。

マービン・バグリーは、NBAドラフトにアーリーエントリーを表明。NBAドラフト2018において2位指名でサクラメント・キングスに入団を果たしました。

次からはマービン・バグリーの魅力に迫っていきたいと思います。

マービン・バグリーはどのような魅力を持っているのでしょうか?

 

 

おすすめ記事 →  デューク大学出身のNBA選手で、勝手に最強チームを結成してみた

おすすめ記事 → 【体幹トレーニング】バスケ好き必見!家で15分できる体幹!

 

 

 

【マービン・バグリーの魅力】

【マービン・バグリーの魅力①:身体能力の高さ】

【reference=https://theundefeated.com/features/marvin-bagley-iii-is-happy-in-sacramento-and-ready-to-prove-his-worth/】

 

マービン・バグリーの1つ目の魅力は、高い身体能力です。

身長211cmもあるにも関わらず、持ち前の身体能力を活かし、コートの端から端まで走り続けることができるのが魅力です。

ゴール下ポジションの選手が、コートの端から端まで走るようになればチームを牽引できるのは間違いないでしょう。

マービン・バグリーのこの豊富な運動量があれば、活躍することができるでしょう。

近年のバスケットボールは、センターやパワーフォワードの選手も試合中は走り続けなければならない傾向があります。

そのため、マービン・バグリーの能力の高さは非常に重要な能力の1つです。

 

以上の理由から、マービン・バグリーの1つ目の魅力に身体能力を取り上げました。

 

 

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習メニュー3選

 

 

 

【マービン・バグリーの魅力②:パワフルなオフェンス力】

【reference=https://sports.yahoo.com/kings-notes-marvin-bagley-leads-071036156.html】

 

マービン・バグリーの2つ目の魅力は、ゴール下でのオフェンス力です。

ゴール下でダブルチームされても躊躇なく得点をもぎ取ろうとするマービン・バグリー。

強靭なフィジカルを兼ね備えているからこそ、できる得点力と言えるでしょう。

ダンクシュートで得点するのはもちろんのこと、華麗なフックシュートでディフェンスを交わしての得点技術も持っています。

味方との合わせ方も上手く、時にはフリースローライン付近からドライブし、得点をすることもあるんです。

まさにゴール下では敵無しの選手と言えるでしょう。

 

以上の理由から、マービン・バグリーの2つ目の魅力にオフェンス力を取り上げました。

 

 

おすすめ記事 →  バスケで一流のパワーフォワードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターがフックシュートをマスターするための3つの練習法

 

 

 

【マービン・バグリーの魅力③:ゴール下を制するリバウンド力】

【reference=https://www.sactownroyalty.com/2018/9/12/17832736/30q-when-will-marvin-bagley-make-a-defensive-impact】

 

マービン・バグリーの最後の魅力は、リバウンド力です。

デューク大学時代には1試合に必ずと言っていいほど、10本以上獲得し、多い時には20本ものリバウンドを獲得する試合もあるそうです。

「リバウンドを制するものは、ゲームを制す」という言葉があるように、ゴール下でリバウンドを獲得するのがバスケットボールでは重要でもあります。

そのため、マービン・バグリーのようにリバウンド力が高いと、チームへの貢献度は非常に高いものになります。

オフェンスリバウンドを獲得した際には、自ら得点をすることもできるので、自然と得点とリバウンドの数字に繋がっていきます。

マービン・バグリーのような選手になれば、外れたシュートをそのままゴールにたたき込むこともできます。

ディフェンスリバウンドも取る力があるとなると、味方のフォワード陣も安心してブレイクに走ることができるかもしれませんね。

 

以上の理由から、マービン・バグリーの最後の魅力としてリバウンド力を取り上げました。

 

 

おすすめ記事 →  バスケでリバウンドを制するための3つの練習法

おすすめ記事 →  【NBA選手に学ぶ】リバウンドを制するものが試合を制すリバウンドのコツ~デニス・ロッドマン~

 

 

 

【マービン・バグリーの今後】

【reference=https://www.sactownroyalty.com/2018/7/9/17551572/marvin-bagley-to-miss-the-rest-of-vegas-summer-league】

 

デューク大学で1年経験後、NBAに入団を果たしたマービン・バグリー。

同学年には敵がいないかもしれませんが、舞台は世界最高峰のNBA。

マービン・バグリーと同等の能力やフィジカルを持った選手は数多く存在します。

これから先、自分の能力に更に磨きをかけ、成長していくことができれば、NBAトップ選手たちの仲間入りもできることでしょう。

現在のNBAでも活躍している、アンソニー・デイビスやカール=アンソニー・タウンズと対戦している姿も見てみたいですね。

NBAシーズンにも注目してみてください。

 

 

おすすめ記事 →  【バッシュ】NBAドラフト2018の2トップが契約したPUMA(プーマ)

おすすめ記事 →  【バッシュ】多彩なオールラウンダーが着用するバッシュ~ポール・ジョージ~

 

 

 

【マービン・バグリーのまとめ】

いかがでしたか?

 

●マービン・バグリーのプロフィール

●マービン・バグリーの魅力①:身体能力の高さ

●マービン・バグリーの魅力②:パワフルなオフェンス力

●マービン・バグリーの魅力③:ゴール下を制するリバウンド力

●マービン・バグリーの今後

 

今回は、NBAドラフト2018において2位指名でNBA入りを果たしたマービン・バグリーについて紹介しました。

フィジカル面や身体能力で高い数値を持っているマービン・バグリー。

これから先もその能力を更にパワーアップさせてNBAの舞台でも活躍してくれることでしょう。

ぜひ、マービン・バグリーを注目してみてください。

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 288 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*