【NBAドラフト2020|テオ・マレドン】フランス出身のコンボガードの魅力3選

【reference=https://sport.francetvinfo.fr/basket/euroligue/euroligue-lasvel-secroule-contre-belgrade-et-seloigne-du-top-8】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2020候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・テオマレドンです。

フランスのユーロリーグにて活躍しているバスケットボール選手です。

両親が元バスケットボール選手というサラブレットの環境で育ったテオマレドン。

そんなNBAドラフト2020候補に挙がっている、テオマレドンを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【テオマレドンのプロフィール】

【reference=https://www.bebasket.fr/championnat-jeep-elite/-video–france-tv-sport-presente-theo-maledon—l-etoile-montante-du-basket-francais-.html】

本名:テオ・マレドン(Theo Maledon)

【誕生日】2001年6月12日
【出身地】フランス
【身長】192cm
【体重】90kg
【所属】アスベル・バスケット(フランスプロリーグ)
【背番号】6番
【ポジション】ポイントガード

テオマレドンは、フランスで育ったバスケットボール選手です。

冒頭にも取り上げましたが、テオマレドンの両親は元バスケットボール選手。サラブレットの家系として生まれてきています。

テオマレドンは、フランス北部のルーアンという町で育ち、地元のクラブチームにて3歳の頃からバスケットボールをプレーしていました。地元のクラブチームでは14歳までプレーを続け、その後フランス屈指のエリート・アスリート養成所として有名なINSEPへ入団することとなりました。

INSEPは、元NBA選手でもあるトニーパーカーやボリスディーオウなどの有名選手を輩出している養成所でもあります。そのトップクラスのアスリートを育てるための施設で多くの経験を積んでいるのがテオマレドンです。

INSEPに入団後、メキメキと力を付けていったテオマレドンはその3年後にフランスのトップリーグでもあるアスベルと契約を結ぶこととなりました。

入団したアスベルのオーナーを務めているのがフランス出身で有名な元NBAプレイヤーのトニーパーカーです。トニーパーカーは、テオマレドンに対して非常に高い評価を持っており、NBAドラフト2020においても15位以内の指名を受けるのではないかと期待を寄せています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【テオマレドンの魅力】

NBAドラフト2020において指名候補として名前が挙がっているテオマレドン。

ここからは、テオマレドンの魅力について紹介していきたいと思います。

テオマレドンのハイライト動画も添付しています。動画を参考の上、魅力についても確認してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『テオマレドンの魅力①:味方を最大限に活かすパススキル』

【reference=https://www.gigantes.com/cantera/jovenes-promesas/la-joven-promesa-europea-theo-maledon-mvp-en-la-liga-francesa/】

テオマレドンの1つ目の魅力は、パススキルです。

テオマレドンのポジションはポイントガード。味方をアシストパスで活かすポジションでもあります。

テオマレドンは、ノーマークの味方を瞬時に見つける視野の広さを持ったプレイヤーでもあります。

ピック&ロールを有効に活用してフリーになった選手にアシストパスを繰り出したり、自らゴール下にドライブで切れ込み相手ディフェンスのカバーが寄ったのを予測してアシストパスを繰り出すなど、様々なシチュエーションからパスを出す能力が備わっています。

瞬時に味方を見つける能力と言うのは多くの経験や持っている才能の1つでもあります。若い頃からプロとしてプレー経験を積んでるテオマレドンにとって大きな魅力とも言えるでしょう。

以上の理由から、テオマレドンの魅力としてパススキルを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『テオマレドンの魅力②:身長を超えるウィングスパン』

【reference=https://www.proballers.com/basketball/player/68979/theo-maledon】

テオマレドンの2つ目の魅力は、ウィングスパンです。

身長192cmに対して205cmのウィングスパンを持っているテオマレドン。ウィングスパンを活かしたオフェンスも持っていますが、ディフェンス面でも大きく活かされると考えられます。

ディフェンス面でウィングスパンの長さを活かしたスティールを行うことができます。トニーパーカーやリッキールビオらがそうでしたが、ヨーロッパ出身のガードプレイヤーはディフェンス能力に長けた選手が多くいました。

テオマレドンもその1人となり得る存在となっています。相手のドリブルをスティールするのに加えて、相手の動きを予測してのパスカットすることもできることでしょう。

ウィングスパンを武器にオフェンスにて大きく絡むことのできる選手だけでなく、ディフェンス面においてスティールなどからチームに勢いをもたらしてくれると考えられますね。

以上の理由から、テオマレドンの魅力としてウィングスパンを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

『テオマレドンの魅力③:落ち着きのあるプレー』

【reference=https://www.proballers.com/basketball/player/68979/theo-maledon】

テオマレドンの最後に紹介する魅力は、落ち着きのあるプレーです。

なぜテオマレドンが落ち着いてプレーをすることができるのかと言うと、若い頃からの試合経験にあります。

14歳より名門のクラブチームに入団したテオマレドンですが、その後15歳の頃にはチームのスタメンとして起用されるまで昇格を果たしました。そしてINSEPの卒業を2年繰り上げて16歳でアスベルに入団を果たしました。

16歳の時点からプロの舞台で経験を積んできているテオマレドン。2019年にはフランスでベストヤングプレイヤー賞に加えてフランス国内でのリーグチャンピオンの経験を持っています。

チャンピオンになれるチーム内で試合に出場できる才能と落ち着きのあるプレーがあるテオマレドン。どのような場面でも落ち着いた状況でプレーすることができれば自分の魅力を最大限に引き出していくことができると考えられますね。

若い頃からの経験が大きなプラスとなりNBAの舞台でも活かされることでしょう。

以上の理由から、テオマレドンの魅力として落ち着きのあるプレーを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【テオマレドンの今後】

【reference=https://www.nbascoutinglive.com/evaluating-theo-maledon-in-the-world-cup-qualifiers/】

ここまで、テオマレドンの魅力を紹介してきました。

味方を活かすことのできるアシストパスに加えて若い頃からの経験で試合中は落ち着いたプレーをすることのできるテオマレドン。

NBAドラフト2020において15位以内の予想も挙がっています。

NBAではヨーロッパ出身選手の活躍が非常に目立っています。ルカドンチッチやリッキールビオ、ルディゴベールなど様々なポジションで華を咲かせている選手たちが多数存在しています。

引退はしてしまいましたが、ダークノビツキーやトニーパーカーなども活躍した選手の内の1人です。トニーパーカーに関してはテオマレドンに対して高い評価をしており、同じフランス出身ということもあって「次世代のトニーパーカー」となる素質もあると言われています。

NBAドラフト2020のテオマレドンをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【テオマレドンのまとめ】

いかがでしたか?

●テオマレドンのプロフィール

●テオマレドンの魅力①:味方を最大限に活かすパススキル

●テオマレドンの魅力②:身長を超えるウィングスパン

●テオマレドンの魅力③:落ち着きのあるプレー

●テオマレドンの今後

今回は、NBAドラフト2020候補であるテオマレドンについて紹介していきました。

高い潜在能力を秘めたフランス出身の有能プレイヤーでもあるテオマレドン。今後、NBAに入団した際には成長にも期待が高まることでしょう。

「次世代のトニーパーカー」と呼ばれる日が来ることも充分にあり得ますね。

ぜひ、テオマレドンをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 582 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*