【スキルアップ動画】バスケットボールにおけるシュートフォームの身に付け方

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

今回はスキルアップ関連の記事です。

バスケットボールにおいて重要なシュートフォームの身に付け方のレクチャーとなっています。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

【シュートフォーム練習①:手首のスナップ】

1つ目のシュートフォームを身に付けるための練習方法は、手首のスナップです。

動画内の1つ目の練習方法として紹介しています。

立った状態で自分の真上にボールを回転させながら投げるように取り組んでください。中指と人さし指でボールを放つことを意識してください。指を大きく広げ、腕は伸ばしきるように実践してみましょう。

逆の手も同様に行ってください。ポイントはシュートをイメージしながら行うことです。手首の返し方、ひじの伸ばし方がシュートを放つ上で重要となっていきます。

初めは30~50回ほど行い、慣れてきたな徐々に回数を増やしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【シュートフォーム練習②:寝た状態でのスナップ】

2つ目のシュートフォームを身に付けるための練習方法は、寝た状態でのスナップ練習です。

動画内の2つ目の練習方法として紹介しています。

ボールに回転がかかり、まっすぐ自分の元に戻ってくるように意識して練習してください。ポイントは肩ではなく、ひじを伸ばして手首を返すことを意識することです。

自分の頭の上などにボールが落ちるのは、フォームが崩れている証拠です。しっかりと真上に上げるように意識してください。しっかりと行えば自身の最初の位置にボールが戻ってくるはずです!

この2つ目のシュートフォームの練習も初めは30~50回ほど行い、慣れてきたな徐々に回数を増やしてみてください。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュートの飛距離が劇的に伸びる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【シュートフォームの練習まとめ】

いかがでしたか?

●シュートフォーム練習①:手首のスナップ

●シュートフォーム練習②:寝た状態でのスナップ

今回はバスケットボールにおいて重要なスキルアップ、シュートフォームの練習について紹介していきました。

YouTubeの動画を参考に実際に練習してみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 543 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*