【NBA選手名鑑】オールラウンドディフェンダー~ポール・ジョージ~

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者はNBAのスター選手、ポール・ジョージ選手についての紹介をしていきます。

オクラホマシティ・サンダーに所属しているビックスリーを構成している1人で、ディフェンスに定評のある選手です。

今季オクラホマシティ・サンダーでプレーをしていましたが、シーズン後のトレードの主役にもなっている選手です。

今回はそんなポール・ジョージ選手の魅力をご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

 

【ポール・ジョージのプロフィール】

【reference=www.nba.com/video/2017/11/04/0021700129-vo-bos-okc-george-hl】

 

本名:ポール・ジョージ(Paul George)

【誕生日】1990年5月2日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】206cm
【体重】100kg
【出身校】カリフォルニア州立大学フレズノ校
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【背番号】13番
【ポジション】スモールフォワード/シューティングガード

 

ポール・ジョージは大学時代から「超有名選手」とは言えない選手でした。大学時代はカリフォルニア州立大学フレズノ校で2年間プレーをしました。

そこでの成績もずば抜けて良いというものではありませんでしたが、1年目は1試合平均14.3得点、FG47%を記録。2年目は1試合平均16.8得点、FG42.4%、7.2リバウンドと安定して得点をとれる選手でした。

大学2年を終えるとNBAにアーリーエントリーを行い、1巡目の10位という上位ピックでインディアナ・ペイサーズに指名されました。

 

他のNBAスターに比べるとなかなか注目度は低かったにポール・ジョージはどんな選手なのでしょうか?歴代の記録とともに振り返ってみましょう。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

 

【ポール・ジョージの記録】

【受賞歴】

  • 5×NBAオールスターゲーム出場 : 2013, 2014, 2016-2018
  • オールNBAチーム
    • 3×3rdチーム : 2013, 2014, 2016
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 1stチーム : 2014
    • 2×2ndチーム : 2013, 2016
  • MIP : 2013

 

ポール・ジョージは2010年NBAドラフトの10位指名でNBA入りを果たしました。

大学在籍時はそこまで大きく有名な選手でなかったポール・ジョージは、インディアナ・ペイサーズへ入団後、急成長を遂げ、チームのエースになるほど昇進した選手です。2010年NBAドラフトの同期には、ジョン・ウォールやデマーカス・カズンズ、ゴードン・ヘイワードなどがいまもNBAで活躍しています。

ポール・ジョージは、ディフェンスでの評価が高く、相手のエースを抑え込む役割としてスティールやブロックをこなしている選手です。その結果もあってか、NBAにおけるオールディフェンシブチームにも選出された経験があります。最近では、アウトサイドシュートやドライブからのダンクにも磨きをかけ、オールラウンドに活躍し始めているプレイヤーとなっています。

 

ところでそんなポール・ジョージ選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

 

【ポール・ジョージの魅力①:ディフェンス力


ポール・ジョージといえば、NBA内でもディフェンス力の高い選手になります。

 

特にシュートに対してのアジャスト力が高く、よくブロックしている姿を目にします。

また、体の幹も強く相手のエース級の選手をマークすることが多い選手となります。

身長が206㎝あるにもかかわらずこんなにも動けて、ボールに対する感覚もいいとなると困っちゃいますね。(笑)

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

 

ポール・ジョージの魅力②:身体能力】


あまりイメージがないかもしれませんが、ポール・ジョージは身体能力も高い選手になります。

先ほどのブロックでも垣間見れましたが、その身体能力を誇示している場面と言えばやはりダンクですよね!

 

試合中に360度ダンクを何度も決めたりと、なかなか常人離れしたプレーを繰り出す選手です。(笑)

ディフェンスでスティールしてからの速攻でのダンクは何度も手も見ごたえがあります。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

 

 

 

ポール・ジョージの魅力③:今後の動き】

【NBAニュース】2018年シーズン後トレードの噂がある5選手Part.1

2018年シーズンの終わりにトレードのある可能性がある選手をまとめた記事にも書きましたが、ポール・ジョージはスター選手だからこそ、今後の動きにも大きな注目が持たれます。オクラホマシティ・サンダーではビックスリーにはなっているもののなかなかNBAチャンピオンには遠く、今後移籍する可能性が高い選手です。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

 

【ポール・ジョージのバッシュ】

ここで選手のプレーの魅力とは異なりますが、ポールジョージが履いているシグネチャーモデルのバッシュをおまけとしてご紹介します。

今回紹介するバッシュは普段のシグネチャーモデルとは一味違った、インパクトの高いバッシュです。

 

・PG2×プレイステーション

【reference=http://tenbaitimes.blog.jp/archives/6529679.html】

 

これはポール・ジョージのバッシュは、”PG2”です。

色々な色などがある中でご紹介するのは、”PG2″とプレイステーションがコラボしたバッシュです!

プレイステーションと言えば、皆さんご存知のゲーム機のですね。

初期のプレイステーションが販売されたのは、1994年だそうです。かれこれ20年以上前の話になりますね(笑)

現在では、NBAのゲームソフト”2K”シリーズも販売されていて、自身の好きな選手を操れるようになっています。

そんなプレイステーションとバッシュがコラボを実現させました!

ポール・ジョージのバッシュに、プレイステーションのロゴが入り、お洒落なデザインのバッシュが完成しました。

プレイステーションとコラボするところを見ると、ポール・ジョージはゲーム好きのNBA選手のではないでしょうか?

まさに夢のコラボの完成ですね♪

 

・PG2×ドラゴンボール

【reference=https://twitter.com/IamKrisLondon/status/980555209788178433】

 

次に紹介するポール・ジョージのバッシュも、”PG2”です。

ただ今回はゲームではなくアニメの世界とのコラボバッシュです。

そのアニメとは・・・ドラゴンボールです!

主人公の孫悟空がドラゴンボールを追いかけて世界中を旅し、破壊力のあるバトルを繰り広げる日本の名作アニメの1つですね。

実は、以前にカール=アンソニー・タウンズのバッシュ記事においてもドラゴンボールとのコラボバッシュが誕生しています。

カール=アンソニー・タウンズ続いて、ポール・ジョージまでもがドラゴンボールとのコラボバッシュを作ってしまいました。

ポール・ジョージのバッシュにペイントされたキャラクターは、主人公の孫悟空と宿敵のフリーザです。

どんなキャラクターがペイントされていても、バッシュに書かれていると、違和感は生まれますね(笑)

しかし、会場中の釘付けになるのは間違いないでしょう。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

 

 

 

【ポール・ジョージのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・ポール・ジョージのプロフィール

・ポール・ジョージの記録

・ポール・ジョージの魅力①ディフェンス力

・ポール・ジョージの魅力②身体能力

・ポール・ジョージの魅力③今後の動き

・ポール・ジョージのバッシュ

 

色々ポール・ジョージについて調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 203 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*