【NBAニュース】勝率で見るNBAのパワーバランス(NBA勝率ランキング)W11

この「勝率で見るNBAのパワーバランス」シリーズはNBA.comが毎週出しているチームの勝率をもとに、チームランキングを出したものになります。

NBA2019-20年シーズンが始まり色々なトピックはあるものの、筆者もそうですが今のチームパワーバランス(順位)などが分かりにくいと言う事で作ってみました。

今回ご紹介するNBAパワーバランスは「ウィーク11」までの順位になります。「ウィーク11」12月29日(日曜日)までの勝率ランキングと言う事になります。

これまでの週から「ウィーク11」のトピックスとしてまとまっていたのは、イースタンカンファレンスのトップであるミルウォーキー・バックスとウエスタンカンファレンストップのロスアンジェルス・レイカーズがクリスマスゲームでそれぞれ、フィラデルフィア・76ers、ロスアンゼルス・クリッパーズに負けたものの、依然として各カンファレンストップの成績で2020年の年越しを迎えたということです。

チームとしてはニューオリンズ・ペリカンズが4-0で勝利を収める一方、サクラメント・キングスが4試合での負けの合計得点が17店で惜敗しており0-4と負けが込んでおり、厳しい続いています。

さてどんなパワーバランスになっているのでしょうか? 見てみましょう!

  

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

  

  

【NBAパワーバランス2019-20:ウィーク11】

ミルウォーキー・バックス

Record: 27-4

マイアミ・ヒート

Record: 24-8

ボストン・セルティックス

Record: 22-8

ロスアンゼルス・クリッパーズ

Record: 20-10

ロスアンゼルス・レイカーズ

Record: 26-7

デンバー・ナゲッツ

Record: 23-9

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

Record: 23-12

ユタ・ジャズ

Record: 21-12

インディアナ・ペイサーズ

Record: 21-12

トロント・ラプターズ

Record: 22-11

ダラス・マーベリックス

Record: 21-11

ヒューストン・ロケッツ

Record: 22-11

ブルックリン・ネッツ

Record: 16-13

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 555 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*