【NBA選手名鑑|ユスフ・ヌルキッチ】ボスニア・ヘルツェゴビナからのビックマン

こんにちわ!早速ですが、NBA選手の選手名鑑の作成を行っていきたいと思います。

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は2014年に1巡目14位でシカゴ・ブルズからセレクトされ、その後すぎにデンバー・ナゲッツに移籍したユスフ・ヌルキッチ選手をご紹介します。

18歳からクロアチアでプロとなったユスフ・ヌルキッチはユーロリーグもし主力として活躍を上げ、2013-14シーズンはクロアチアリーグで優勝と自身もファイナルMVPを獲得し2014年に満を持してNBAプレイヤーとなりました。

さてユスフ・ヌルキッチ選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ユスフ・ヌルキッチのプロフィール】

Portland Trail Blazers Jusuf Nurkic: “All I Care is How I Can Get Back” -  Blazer's Edge

本名:ユスフ・ヌルキッチ(Jusuf Nurkić)

【誕生日】1994年8月23日
【出身地】ボスニアヘルツェゴビナ
【身長】211cm
【体重】132kg
【所属】ポートランド・トレイルブレイザーズ
【背番号】27番
【ポジション】C

ボスニアヘルツェゴビナで生まれたユスフ・ヌルキッチは14歳の時にバスケットボールと出会い、隣国のスロベニアにバスケットボール修行をし2012年のナイキインターナショナルジュニアトーナメントでは平均で18.8得点、11リバウンドを記録するなどスカウト陣から目が留まるプレイをし、2012年からクロアチアのKKツェデヴィタ・ザクレブというチームでプロデビューしました。

プロになってから1年目はなかなkプレイ時間に恵まれず日の出を浴びることはありませんでしたが、2年目にコーチが変わるとチームの起爆剤としての役割を任され見事その期待に応える形で2013-14シーズンはクロアチアリーグで優勝と自身もファイナルMVPを獲得しました。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ユスフ・ヌルキッチの記録】

【受賞歴】

  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム:2015
  • クロアチアA-1リーグチャンピオン:2014
  • クロアチアA-1リーグファイナルMVP:2014
  • クロアチアA-1リーグカップチャンピオン:2014

2014年のNBAドラフトで1巡目16位でシカゴ・ブルズに指名されたユスフ・ヌルキッチでしたが交渉権は直ぐにデンバー・ナゲッツにトレードされデンバー・ナゲッツの一員としてNBAデビューしました。2014-15年シーズンの序盤はあまり出場機会に恵まれなかったものの、主要センターのトレードにより2015年に入ってからは出場機会が増えていき、2015年2月のNBAオールスターゲームのライジングスターチャレンジに出場しました。このシーズンは62試合に平均17.8分の出場(27先発)で、6.9得点・6.2リバウンド・0.8アシスト・0.8スティール・1.1ブロックなどを記録し、NBAオールルーキーチームのセカンドチームに選出されています。

2015-16年シーズンからはケガとニコラ・ヨキッチにセンターの座を取られて形で出場機会が減り2017年2月にポートランド・トレイルブレイザーズに移籍しました。移籍後はこれまでプレーできなかったうっ憤を晴らすかのように3月9日のフィラデルフィア・76ers戦では自己最高の28得点20リバウンドを記録し、NBA入り後初の “20-20” を達成し存在感を示しました。また3月28日の古巣ナゲッツ戦で自身初の30得点以上となる33得点を記録し、このシーズンは2球団合計で65試合に平均21.4分の出場(48先発)で、10.2得点・7.2リバウンド・1.9アシスト・0.8スティール・1.1ブロックなどを記録しております。

その後はポートランド・トレイルブレイザーズの主力として定着し、2018-19年シーズンには自身初となるトリプルダブルを達成してより一層の活躍が期待されましたがその矢先に左脚の脛骨と腓骨を骨折して負傷退場となり、2019-20年シーズンもほぼ全休する形になるかと思われたが、新型コロナウィルスのシーズン中断もあり、7月末から実施されたシーディングゲームで1年4ヵ月ぶりに復帰を飾るとその後ダブルダブロを記録するなど完全復帰を遂げました。

ユスフ・ヌルキッチ選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

ユスフ・ヌルキッチの魅力①:ダンク

ユスフ・ヌルキッチの魅力1つ目は、ダンクです。

ポートランド・トレイルブレイザーズのセンターとして活躍するユスフ・ヌルキッチの最大の魅力はダンクです。身長213㎝、ウィングスパン224㎝という体格を生かし味方のアリウープをリングに叩き込むのはもちろんのこと、ピック&ロールの合わせも得意としています。

また、自身がスクリーンとなりブラッシングで味方をきれさせているときに隙あればリングに向かっていく姿もユスフ・ヌルキッチの魅力になります。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【ユスフ・ヌルキッチの魅力②:ディフェンス】

ユスフ・ヌルキッチの魅力2つ目は、ディフェンスです。

ユスフ・ヌルキッチのブロックは力強いブロックが多くあり、ブレイザーズのペイントの守護神です。相手を抜かせてからバックボードを使ったブロックを特使としており、チームの士気を上げるブロックを量産します。

また味方が抜かせた選手に対してのカバーブロックも得意としており、味方からすると安心してゴール下に相手を誘い込むことが出来ます。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

【ユスフ・ヌルキッチの魅力③:スリーポイント】

ユスフ・ヌルキッチの3つ目の魅力は、スリーポイントです。

ユスフ・ヌルキッチのもう1つも魅力は213㎝ウィングスパン224㎝から放たれる正確性のあるスリーポイントです。この身長から放たれるスリーポイントはなかなか届かないので落ちるのを祈るしかない状況です。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

【ユスフ・ヌルキッチのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・ユスフ・ヌルキッチのプロフィール

・ユスフ・ヌルキッチの記録

・ユスフ・ヌルキッチの魅力①:ダンク

・ユスフ・ヌルキッチの魅力②:ディフェンス

・ユスフ・ヌルキッチの魅力③:スリーポイント

色々ユスフ・ヌルキッチ選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 657 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*