【NBAニュース】NBA2021‐22年シーズンのプレイイン・トーナメント継続が決定

日本時間28日(現地時間27日)、NBA理事会が2021-22シーズンでプレイイン・トーナメントの継続を承認したことを発表しました。以下、公式リリース抄訳です。

NBA選手会(NBPA)も合意した2021-22シーズンのプレイイン・トーナメントは、2020-21シーズンと同じフォーマットが採用される。レギュラーシーズンを終えて、各カンファレンスの7位から10位のチームが、それぞれのカンファレンスの第7、8シードを競う。

2021-22シーズンでは、レギュラーシーズンが終了する4月10日(同11日)とプレイオフが開始する4月16日(同17日)の間、4月12日から15日(同13日から16日)まで開催されることとなる。

2020-22年シーズンは新型コロナウィルスの蔓延でシーズン開始が遅くなった部分を補うために採用が決まっていたプレイイン・トーナメントでしたが、プレイオフが盛り上がったこともあり、来期も継続されることが決定いたしました。

2021-22シーズンの重要な日程は以下の通り(現地時間):

  • 8月2日:フリーエージェントとの交渉解禁(東部標準時間 18時)
  • 8月6日:フリーエージェント契約開始(東部標準時間 12時1分)
  • 8月8~17日:MGMリゾーツNBAサマーリーグ(ラスベガス)
  • 9月28日:トレーニングキャンプ開始
  • 10月19日:レギュラーシーズン開幕
  • 2022年4月10日:レギュラーシーズン終了
  • 4月12~15日:プレイイン・トーナメント
  • 4月16日:プレイオフ開始
  • 6月2日:NBAファイナル開始
  • 6月19日:NBAファイナル第7戦(必要な場合のみ)
  • 6月23日:NBAドラフト

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBA2021-22年シーズンのロスター関連のルール】

2ウェイ選手に関するルール:

2021-22シーズンでは、リーグ経験が0年の選手の最低保証年俸の50%に相当する額が支払われる。2ウェイ選手はレギュラーシーズン最大50試合までロスターに登録することが可能で、練習、ワークアウト、その他チーム活動への参加には制限がない。さらに、これまでの労使協定から変更し、2021-22シーズンは1月15日以降は2ウェイ契約を結べないという期限を撤廃する。

選手の試合登録に関するルール:

2021-22シーズンは、レギュラーシーズン、プレイイン・トーナメント、プレイオフの試合でアクティブリストに登録できる選手は15人までとなる。チームが契約できる最大人数は17人(本契約15人と2ウェイ選手2人)は変わらない。

About 餅つきうさぎ 747 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*