【NBAニュース】NBAのルールが2021‐22年シーズンから変更か

2020-21年シーズンで多く見かけたフリースローの回数により平均得点の増加傾向が2021‐22年度からは見られないかもしれません。NBAサマーリーグでは現在試験的に実用がされていますが、オフェンス側に有利に働くファールドローが禁止されるルール変更が発表されました。

ファールドローのを「バスケットボール以外の動き」という形で定義した今回のルール変更は、シューターが異常な角度でディフェンダーに当たりにいく ・シューターが異常な角度で足を、上または横に蹴る ・シューターがディフェンダーの腕に絡ませてシュートを狙う、といった行為を該当として2021‐22年シーズンからはこれらのプレイがノーファール、もしくはオフェンスファールとして対応がされるようになります。

最近このドローファールを特によく行う、ネッツのジェームズ・ハーデンやホークスのトレイ・ヤング、マーベリックスのルカ・ドンチッチなどは今シーズンよりこの技術が使えない状況になり、プレースタイルの変更を余儀なくされるかもしれません。

About 餅つきうさぎ 747 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*