【FIBAワールドカップ】元NBAオールスター選手のアイザイアトーマスが河村へエール

ボストン・セルティックスなどで活躍した元NBA選手のアイザイア・トーマスが、ソーシャルメディアのX(旧Twitter)で日本対フィンランド戦で活躍した日本代表の河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)への称賛を投稿しました。

河村は8月27日に沖縄アリーナで開催されたFIBAバスケットボールワールドカップ2023の日本代表対フィンランド代表の試合で試合を決定づける点数を含む25得点、9アシストの活躍を見せ、日本の歴史的勝利に大きく貢献しました。トーマスはW杯公式アカウントが投稿した河村のハイライト動画を引用し「He was killing!!(彼は最高だった!)」とコメントしました。

河村は身長172cm、トーマスは175cmで、どちらもそれぞれがプレイするリーグでは小柄なガードに分類されます。そこに親近感があったのか、トーマスは投稿で「俺らスモールガードは団結していこう!」と呼びかけています。

シャーロット・ホーネッツに所属していたNBA 2021-2022を最後にNBAでプレイをしていないトーマスだが、来季はNBA復帰を目指していることを彼は明らかにしています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【アイザイア・トーマスのプロフィール】

本名:アイザイア・トーマス (Isaiah Thomas)

【誕生日】1989年2月7日

【出身地】アメリカ合衆国

【身長】175cm

【体重】84kg

【所属】

  • フェニックス・サンズ
  • ボストン・セルティックス
  • クリーブランド・キャバリアーズ
  • ロサンゼルス・レイカーズ
  • デンバー・ナゲッツ
  • ワシントン・ウィザーズ
  • ニューオリンズ・ペリカンズ
  • ダラス・マーベリックスニューオリンズ・ペリカンズ
  • フェニックス・サンズ
  • ボストン・セルティックス
  • クリーブランド・キャバリアーズ
  • ロサンゼルス・レイカーズ
  • デンバー・ナゲッツ
  • ワシントン・ウィザーズ
  • ニューオリンズ・ペリカンズ
  • ダラス・マーベリックス
  • ロスアンゼルス・レイカーズ
  • シャーロット・ホーネッツ

【ポジション】PG

【背番号】4

  • 2×NBAオールスターゲーム出場:2016, 2017
  • オールNBAチーム
    • 2ndチーム:2017
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム : 2012

生まれはワシントン州のタコマ出身の選手で、父親が当時デトロイト・ピストンズで殿堂入りしているポイントガードであったアイザイア・トーマス選手からとった名前であると言われています。

無名で身長も小さかったために何とかワシントン大学から2011年にドラフト最下位の全体60位指名でサクラメント・キングスに指名されて、NBAキャリアをスタートしました。

さらにアイザイアトーマスについて知りたい人は、こちらをぜひご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1250 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*