【NBAニュース】クリスチャン・ウッドがマブスに移籍か

ヒューストン・ロケッツがクリスチャン・ウッドをダラス・マーベリックスのドラフト指名権と4選手とトレードすることで合意したと『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者や『ESPN』などが報じました。

今季6年目のウッドはロケッツで68試合に出場し、平均30.8分プレイして17.9点、10.1リバウンド、2.3アシスト、FG成功率50.1%、3ポイント成功率39.0%を記録しました。マーベリックスはセンターの補強が今オフの重要課題のひとつになっており、早速手を打った形となります。

逆にロケッツはマーベリックスから今年のドラフト指名権(全体26位)、ボバン・マリヤノビッチ、マーキーズ・クリス、トレイ・バーク、スターリング・ブラウンを獲得し、これでロケッツは全体3位、17位、26位の指名権を持って今年のドラフトに挑む形となります。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【クリスチャン・ウッドのプロフィール】

NBA Rumors: This Mavs-Rockets Trade Is Focused On Christian Wood

本名:クリスチャン・ウッド (Christian Wood)

【誕生日】1995年9月27日
【出身地】アメリカ
【身長】208cm
【体重】98kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【ポジション】PF/C

クリスチャン・ウッドはカリフォルニア州からより強いチームを求めて、ネバダ州のチームへ移籍し高校卒業時には2013年のプレイヤー内で36位のプレイヤーへと進化しました。大学はネバダ大学ラスベガス校へ進学し2年間プレイをする中で、在籍していた2014-15シーズンに平均15.7得点10リバウンド2.7ブロックショットという成績を記録し、2年目終了時点でNBAドラフトへアーリーエントリーを行いましたが、期待されていた1巡目指名どころか2巡目指名もされずにプロへのキャリアをスタートさせました。

そんなクリスチャン・ウッドとはどんな選手なのでしょうか?クリスチャン・ウッドの記録とともに振り返ってみましょう。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

About 餅つきうさぎ 893 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*