【NBAニュース】NBAのオフェンシブレーティングとは?

今季のボストン・セルティックスは、オフェンス力を測るために使用されるオフェンシブレーティングというスタッツで、日本時間12月8日の試合を全て消化した時点で119.9を記録しています。この数字はNBA史上最高記録となっており今季はリーグ全体を見ても、オフェンス力の高さが際立っており、リーグ平均でのオフェンシブレーティング112.7はこれまでの史上最高値だった2020-21シーズンの112.3を上回っています。

しかし、オフェンシブレーティングと言われてもあまりピンとこない人も多いと思います。そこで今回はバスケットボールで利用されるアドバンスドスタッツで、まず知っておきたいこのレーティングというスタッツを説明します。

そもそもオフェンス力を測るのであれば、平均得点で良いのではないかと思う人もいると思います。平均得点は1試合で何得点獲得できるかなので、高ければ当然たくさん得点しており、オフェンス力があると考えられるかと思います。

ただ問題は他チームと比較する際で、チームによって試合の運び方は様々な中、どんどん前にパスを出して素早い攻めを展開するチームもいれば、じっくりと運んでハーフコートで時間をかけて攻めるチームなど戦略は多種多様です。

素早く攻めるチームは単純に攻める回数も多くなり、1試合での得点数が多くなる傾向になりますが、チームとしてシュートはあまり上手くないものの、攻める回数が多いので得点が多いチームと、じっくり攻めるので攻撃回数が少なく得点も少ないが、シュート力やオフェンスの遂行力が高く、効率良く得点をしているチームはどちらがオフェンス力があると言えるのでしょうか?

点よりも比較しやすくしようと、数値化されているのがオフェンシブレーティングということになります。

ポゼッションとレーティングの関係

まずレーティングを理解するためには、ポゼッションという概念の理解が必要です。ポゼッションとは、簡単に言えばオフェンスが攻めている状態のことを表します。ポゼッションはチームの得点、相手のリバウンド、又はターンオーバーで迎えることとなります(厳密にはフリースローでの入った外した、リバウンド時にボールが外に出た場合など、細かい例外もあるのだがここでは割愛する)。

NBAではリーグの1試合での平均ポゼッション数は1チーム100ポゼッション程となっています。そこで、チームのポゼッション数と得点数をもとに、100ポゼッション平均で何得点を記録するかを計算したのがオフェンシブレーティングとなります。

例えば、チームAは100ポゼッション使って100得点を記録したとするとオフェンシブレーティングは当然そのまま100.0となります。一方で、90ポゼッションで100得点を記録したチームBのオフェンシブレーティングは111.1という計算になります。同じ100得点をマークしたチームでも、チームBの方が少ないポゼッション数で同じ得点を稼いでいるので、効率よく攻めているという事になります。

効率性を追求した数値であることから、オフェンシブエフィシェンシー(オフェンス効率)と呼ばれることもあります。一方でこれをディフェンスに置き換えたものが、ディフェンシブレーティングとなります。考え方は同じで、100ポゼッション平均でのチームの失点を数値化したもの。失点がベースなので、低い方が良いものとされています。

そして、オフェンシブレーティングとディフェンシブレーティングの差を算出したものがネットレーティングと言われており、100ポゼッション平均での得失点差と考えるとわかりやすいと思います。

要約すると、総得点や総失点では横の比較がしにくいため、リーグ平均の100ポゼッションに合わせて算出されたものがオフェンシブレーティングを筆頭としたレーティングという数値となっています。

ポインツ・パー・ポゼッション

ちなみにレーティングではないものの、同じくポゼッションと得点数を利用して算出するポインツ・パー・ポゼッション(Points Per Possession/PPP)というスタッツもあります。総得点をポゼッション数で割った、1ポゼッション平均での得点となります。1回の攻撃での得点期待値と考えるとわかりやすいです。

使い方は様々とはなりますが、プレイタイプによって見分けたりするとわかりやすいことになります。例えば、ポストアップしているときのPPPは1.1、アイソレーションしているときは0.9といったチームがいたとすれば、そのチームはアイソレーションよりもポストアップを中心に攻めるべきなのではないか、などといったことが見えてきます。

もちろん選手単位でも測ることができるので、どの選手で攻めたときの期待値が高いのか、その選手のどういった攻め方が最も効率が良いのかなどが、数字として分析できるようになります。


アドバンスドスタッツは突き詰めていくと終わりのない世界とはなりますが、リーグの全体像やチームの傾向を見るには非常に便利なものとなります。

細かい算出方法や仕組みを全て理解する必要はないですが、より比較をしやすくするために算出されている数値であることを認識した上でこういったスタッツを見ると、リーグで起きていることへの解像度がより高まることになりますので、ぜひ活用ください!!

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

引用:https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/nba-stats-what-is-offensive-rating/pmbq9oxbu5dpawowdlmxksra

About 餅つきうさぎ 1022 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*