【NBAニュース】キャブスがレブロンジェームス移籍後5年ぶりにプレイオフ進出を決める

3月26日(日本時間27日)、オハイオ州クリーブランドのロケット・モーゲージ・フィールドハウスで行われたヒューストン・ロケッツ対クリーブランド・キャバリアーズの一戦で、108-91で勝利したキャバリアーズが5年ぶりとなるプレイオフ進出を決めました。

レブロン・ジェームズが2度目の退団で去った2018年以来となるプレイオフ進出を決めたキャバリアーズとしては2年連続の19勝や昨季のプレイイン・トーナメント敗退を経て、5年ぶりにポストシーズンを戦う機会となりました。

ロスターにジェームズがいない中でキャバリアーズがプレイオフに進出したのは1998年以来のこととなりました。NBA入りしてから毎年プレイオフを経験してきたミッチェルは、「期待していた最初のことを達成した。それを楽しもう。街や球団、成し遂げた各々を祝おう。プレイオフ進出や継続的な前進を期待するようにならなければいけない」と述べています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【クリーブランド・キャバリアーズ】

まずはクリーブランド・キャバリアーズのチームプロフィールです。

チーム名:クリーブランド・キャバリアーズ

【創設】1970年
【本拠地】オハイオ州クリーブランド
【所属】イースタン・カンファレンス
【チームカラー】ワイン色・金・白

オハイオ州クリーブランドを本拠地として活動しているクリーブランド・キャバリアーズ。

チーム名のキャバリアーズは、日本語で”騎士”という意味で、CAVS(キャブス)という略称でも呼ばれているチームとなっています。

レブロン・ジェームス、カイリー・アービングが所属していた時にNBA優勝を成し遂げたこともありますが、レブロン・ジェームスが抜けた今プレイオフ進出こそ難しいチーム状況になってしまっています。

さらに詳しくクリーブランド・キャバリアーズについて知りたい人はこちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1276 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*