NBAに最も近いと話題の若手日本人選手3人まとめ

Bリーグが開幕し、更なる盛り上がりを見せる日本バスケットボール界。
東京オリンピック効果もあり、近年海外に通用する日本人プレイヤーが続々と出てきています。
その中で近い将来NBA入りが期待される日本人プレイヤー3人についてまとめてみました。

 

【候補選手①:渡辺雄太選手】

 

‐プロフィール‐

名前:渡辺雄太(わたなべゆうた)
年齢:22歳
出身地:香川県
出身高校:尽誠学園(香川)
現在:アメリカ ジョージワシントン大学にてプレー

‐人物像‐

2mを超える身長ながらドライブや3Pシュートなどのアウトサイドのプレーも得意とする
オールラウンダーとして定評があります。日本人離れしたダンクシュートも魅力的です。

長い手足を生かした高いディフェンス力も魅力的で相手チームのエースストッパーとして
起用されることが多いそうです。

現在、アメリカNCAA1部のジョージ・ワシントン大でスタメンを勝ち取る程の、
若き日本を代表する有力株の筆頭選手です。

Bリーグ創設者であり初代チェアマンの川淵氏からも最も活躍を期待される選手と言われています。

 

 

【候補選手②:八村塁選手】

”ª‘º—Û/Rui Hachimura (JPN),
JUNE 30, 2015 – Basketball :
Japan Men’s national team training session
at Ajinomoto National Training Center, Tokyo, Japan.
(Photo by Shingo Ito/AFLO SPORT)

‐プロフィール‐

名前:八村塁(はちむらるい)
年齢:19歳
出身地:富山県
出身高校:明成高校(宮城)
現在:アメリカ ゴンザカ大学にてプレー

‐人物像‐

日本人の母、ベナン人の父を持つハーフ選手です。
NCAAトーナメントに日本人として初めて出場し、同大会において日本人で初めて
得点した選手です。203cmという大柄な体格にも関わらず、走力が有り、スピードもあって
非常に成長著しい選手です。彼はなんと中学生からバスケットを始めたというから驚きです。
特に身体能力の高さはNCAA1部の強豪ゴンザガ大学でも最高クラスの評価を受けているそうです。

また2014年のU-17世界大会において大会得点王を記録した卓越した得点力を持つ若き日本の
エースであり、NBA入りが高く期待できる選手でもあります!

 

 

【候補選手③:馬場雄大選手】

‐プロフィール‐

名前:馬場雄大(ばばゆうだい)
年齢:21歳
出身地:富山県
出身高校:富山第一高校(富山)
現在:Bリーグ・アルバルク東京にてプレー

‐人物像‐

195センチ・88キロという体格はバスケ選手として「中の上」程度と言われていますが、
馬場選手にはスプリント力や跳躍力に光るモノがあると言われています。
体格と機動力、バランスを全て持っているという意味では、1歳上の大谷翔平
(北海道日本ハムファイタース)にも匹敵するものがあると評価を受けているそうです。

また八村塁選手とは同じ中学校出身であり、彼の先輩だそうです。

彼の日本人離れした身体能力から繰り出されるダンクはとてもパワフルで、海外(主にアジア圏)
では日本のレブロン・ジェームスと評価される程です。

大学生ながら出場した日本代表戦でも活躍した彼は、これからの日本代表を牽引していく代表的な選手でしょう。

 

 

【NBAに最も近いと話題の若手日本人選手3人まとめ】

いかがでしょうか?

候補選手①:渡辺雄太選手
候補選手②:八村塁選手
候補選手③:馬場雄大選手

彼ら3人が東京オリンピックで日本代表として一緒に出場する場面をファンとしては見たいものですね。
彼らを筆頭に今後ますます日本バスケ界の底上げを期待しています!

 

 

ブタゴリラ
About ブタゴリラ 17 Articles
HOOPS編集部の顧問。仕事には真面目だが、プライベートになるとおもむろに人のiPadを手にし、1人で変顔の自撮りをし始める変人。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*