【NBAニュース】ゴラン・ドラギッチがバックスに加入

日本時間3月5日(現地4日)、ミルウォーキー・バックスはガードのゴラン・ドラギッチと契約したことを発表しました。ドラギッチは日本時間3月1日(現地2月28日)に、シカゴ・ブルズからウェイブされていおり、フリーエージェントとなっていました。

36歳のドラギッチは、今季51試合に出場して平均15.4分プレイ、6.4点、1.4リバウンド、2.7アシストをマークしています。フェニックス・サンズ在籍時の2014年にはオールNBAチーム、マイアミ・ヒート在籍時の2018年にはオールスターに選出されているベテランガードです。

バックスのマイク・ブーデンホルザーHC(ヘッドコーチ)は、「彼は素晴らしいポイントガードで、自らスコアすることも、オフェンスをセットすることもできるんだ。競争心があって、賢くもある。そんな彼を迎え入れられて嬉しいよ」とコメントしています。

バックスはトップシードで臨んだ2020年のプレイオフ・カンファレンス準決勝でヒートに敗れていますが、その時ヒートに在籍していた選手が今季3人(ドラギッチ、ジェイ・クラウダー、マイヤーズ・レナード)加わったことになります。

おすすめ記事 →  意外と知らない!!ストレッチを効かせるための3つの方法

おすすめ記事 →  【ストレッチ】アメリカ代表から学ぶ!!試合前のストレッチ!

【ゴラン・ドラギッチのプロフィール】

本名:ゴラン・ドラギッチ(Goran Dragic)

【誕生日】1986年5月6日
【出身地】スロベニア
【身長】193cm
【体重】86kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【ポジション】PG/SG

  • NBAオールスターゲーム:2018
  • オールNBAチーム
  • 3rdチーム:2014
  • MIP:2014

2003年、17歳でスロベニア2部リーグのチームでプロデビューを果たしたゴラン・ドラギッチは翌年2004年には、スロベニア1部リーグのチームに移籍しました。その後2年間の在籍でスロベニアトップリーグで優勝を経験するなどしました。また2006年に20歳でスロベニアA代表デビューを果たし、同年行われた世界選手権に出場しています。

2008年のNBAドラフトでサンアントニオ・スパーズから2巡目45位で指名され、その後フェニックス・サンズに交渉権が移り、フェニックス・サンズと3年契約を結びNBAデビューとなりました。

さらにゴラン・ドラギッチについて知りたい人は、こちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1298 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*