【NBAニュース】NBAドラフトロッタリー2024について

5月13日(現地12日)、NBAドラフト2024の指名順を決めるNBAドラフトロッタリーがイリノイ州シカゴにある会場で行われ、アトランタ・ホークスが全体1位指名権を獲得しました。

ロッタリーには現在行われている NBAプレイオフ に出場できなかった14チームが参加しており、最も全体1位指名権を獲得する可能性が高いのは、14%の確率を持つデトロイト・ピストンズとワシントン・ウィザーズでした。ただ番狂わせで3.0%の確率だったホークスが全体1位指名を獲得する形となりました。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

Contents

【NBAドラフト2024ロッタリー参加チームと抽選】

各チームのロッタリー抽選確率

指名順チーム抽選確率
1位   ホークス3.0%
2位   ウィザーズ14.0%
3位   ロケッツ4.5%
4位   スパーズ10.5%
5位   ピストンズ14.0%
6位   ホーネッツ13.3%
7位   ブレイザーズ13.2%
8位   スパーズ(ラプターズから)9.0%
9位   グリズリーズ7.5%
10位   ジャズ6.0%
11位   ブルズ2.0%
12位   サンダー(ロケッツから)1.5%
13位   キングス0.8%
14位   ブレイザーズ(ウォリアーズから)0.7%

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフトロッタリーの仕組み】

NBAドラフトロッタリーは1985年に初めて導入され、現在のプレイオフに出場できなかったチームによる抽選方式となっています。それまでは、各カンファレンスの最下位チームによるコイントスで全体1位指名を決め、残りは勝率順となっていました。

それ以降、細かな手順や抽選確率の変更などを経て、現在は2019年に承認されたフォーマットが採用されており、下位3チームの全体1位指名権獲得確率は14%に一律化され、それ以降は確率が下がっていく仕組みとなっています。

プレイオフに出場しているチームの指名権(15位~30位指名)と2巡目指名権(31位~60位)は、レギュラーシーズンの勝率が低い順に決まります。

About 餅つきうさぎ 1299 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*