【NEWS】インカレバスケ・優勝したのは果たして…⁉⁉

【NEWS】

本日、インカレバスケの決勝が行われました。

決勝のカードは、筑波大学vs大東文化大学となりました。

 

4年連続インカレの決勝に進んでいる筑波大学。

馬場雄大選手が抜けても決勝の舞台まで進むことのできるチーム力は圧巻ですね。

 

対する大東文化大学は初の優勝がかかる大一番となりました。

また、関東大学バスケリーグ戦では、3位になり筑波大学を上回る成績を残しています。

 

そんな両チームは決戦は、どちらがものにしたのでしょうか?

 

馬場雄大がバスケ界で注目される3つの理由

 

 

 

【筑波大学 vs 大東文化大学】

 

どちらも初の快挙達成のため、死闘を繰り広げる展開となりました。

 

筑波大学は杉浦佑成・牧隼利を中心に得点を重ねていきました。

特に牧隼利と加えて菅原暉の3Pシュートが入り、アウトサイドシュートを中心に、チームの得点を獲得していきました。

大東文化大学は外国人選手モッチ・ラミンが主体となり得点を上げていきました。

モッチ・ラミンだけでなく、熊谷航の得点も伸びていき大東文化大学は2名中心で筑波大学に対抗していくゲーム展開になりました。

 

試合展開はまさにシーソーゲーム。

両チーム一歩も譲らない展開が続き、白熱した試合展開となりました。

均衡が破れたのはゲーム終盤の第4Q。

モッチ・ラミンと熊谷航の得点力が冴えわたり、大東文化大学が点差を広げていくことに成功しました。

結果、大東文化大学が逃げ切りゲームセット。

 

最終スコア87-68で

大東文化大学が悲願の初優勝を達成しました。

 

 

【インカレバスケ・大会結果】

 

1位 大東文化大学(初優勝)

2位 筑波大学

3位 拓殖大学

4位 白鴎大学

5位 東海大学

 

 

最優秀選手 葛原大智(大東文化大学4年)

敢闘賞   杉浦佑成(筑波大学4年)

優秀選手賞 熊谷航(大東文化大学3年)

優秀選手賞 モッチ・ラミン(大東文化大学2年)

優秀選手賞 増田啓介(筑波大学2年)

優秀選手賞 阿部諒(拓殖大学4年)

 

 

優秀選手賞に輝いた大東文化大学の熊谷航とモッチ・ラミンは来シーズンもあります。

来シーズン、2連覇達成に向けて日々の練習に取り組んでいってほしいと思います。

 

 

 

【インカレバスケまとめ】

いかがでしたか?

 

今年のインカレは大東文化大学が見事初優勝という結果となりました。

大東文化大学は試合出場選手の中に2・3年生の選手もいるので、来シーズンも優勝できるように取り組んでほしいと思います。

筑波大学も今年のこの悔しさをバネに来シーズンこそ目標達成できるようにしてほしいですね。

 

来シーズンの大学バスケから目が離せませんね。

ぜひ注目してみてください。

 

2年振りのインカレ挑戦!東北男子インカレ代表・岩手大学

 

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 287 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*