31年振り3度目のリーグ制覇!関東大学バスケ1部リーグ

©️CSPark

【関東大学バスケ1部リーグ最終結果】

1位 拓殖大学 (13勝5敗)

2位 専修大学 (11勝7敗)

3位 大東文化大学 (10勝8敗)

4位 青山学院大学 (10勝8敗)

5位 筑波大学 (9勝9敗)

 

上記の通り、関東大学バスケ1部リーグは拓殖大学が見事優勝を果たしました。

拓殖大学の関東大学バスケ1部リーグ優勝は31年振り、3度目の優勝とのことです。

 

【拓殖大学ピックアッププレイヤー① : ゲイ・ドゥドゥ】

©️CSPark

 

ここで、拓殖大学が優勝にするにあたり、注目選手を挙げたいと思います。

まず1人目は、ゲイ・ドゥドゥです。

拓殖大学の外国人選手で、試合中には持ち前の高い身体能力をフルに発揮し、チームの勝利に大きく貢献しました。

ゴール下での力強いプレーに加え、外からのアウトサイドシュート合わせ持っているためゲイ・ドゥドゥを止めるのが難しい選手です。

 

【拓殖大学ピックアッププレイヤー② : 岡田侑大】

2人目のピックアッププレイヤーは岡田侑大です。

今年拓殖大学に入学したばかりのルーキーです。

ルーキーでありながら、拓殖大学のスターターとして活躍の場を広げています。

 

岡田侑大の一番の魅力は得点力にあります。

 

1年生ながら1試合で20得点以上稼いだしまう程の点取り屋です。

これからのインカレも楽しみですが、来年・再来年の成長にも期待が高まりますね。

 

【拓殖大学、インカレに向けて】

©️CSPark

 

拓殖大学の戦いはまだ終わっていません。

リーグが終わりましたが、次はインカレが待っています。

今年のインカレは11/20~11/26@大田区総合体育館他にて開催されます。

拓殖大学は関東を制覇した次は日本一を目指しているはずです。しかし、それは他の大学も同じことが言えるでしょう。

気を抜かず、インカレまで万全の状態で臨んで欲しいと思います。

今回ピックアップした選手だけでなく、他のメンバーにも注目してインカレを観戦してみてください!

 

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 462 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*