【NBA選手名鑑】NBAの丸ゴリ河田!?~アンソニー・デイビス~

こんにちわ!「餅つきうさぎ」です!

さあ!またまたNBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

今回「餅つきうさぎ」がピックした選手は、NBAでガードもできるビックマンである、アンソニー・デイビス選手です。

まさに、スラダンの河田兄(丸ゴリ)をNBAに置き換えた選手ですね。

眉毛の濃さも、河田の顔のインパクトと比例していると思います。

 

今回はそんなアンソニー・デイビス選手をプレーの魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

【アンソニー・デイビスのプロフィール】

この顔の濃さ、そして165㎝から194㎝まで一気に身長が伸びてポジションをすべて経験したこと。

まさにNBAの河田兄と言っても過言ではないと思います。(笑)

冗談はさておいて、

 

本名:アンソニー・デイビス (Anthony Davis)

【誕生日】1989年2月7日

【出身地】アメリカ合衆国

【身長】211cm

【体重】115kg

【所属】ニューオーリンズ・ペリカンズ(旧ホーネッツ)

【ポジション】PF/C

【背番号】23番

 

アンソニー・デイビス選手は高校時代の身長は183㎝と大きくなく、最初はガードのプレイヤーでした。その後高校在学中に身長が208㎝まで伸びガード、フォワード、そしてセンターとポジションも変化していきました。

高校時代では平均アベレージ32点、22リバウンド、7ブロックを記録し、全米で注目の選手となりました。その後は名門のケンタッキー大学に進学し、1年生から攻守の要として活躍しました。そしてルーキーシーズンの2012年にはNCAAトーナメントでチームを優勝に導き、アーリードラフトを決意し、全体1位指名でニューオーリンズ・ホーネッツ(現在のペリカンズ)に入団しました。

そんなアンソニー・デイビス選手とはどんな選手なのでしょうか?アンソニー・デイビス選手の記録とともに振り返ってみましょう。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

【アンソニー・デイビスの記録】

    • 5×NBAオールスターゲーム出場 2014-2018
    • NBAオールスターゲームMVP : 2017
    • 2×ブロック王 2014, 2015
    • オールNBAチーム
      • 2×1stチーム:2015, 2017
    • NBAオールディフェンシブチーム
      • 2ndチーム:2015
    • NBAオールルーキーチーム 1stチーム 2013
    • NCAAチャンピオン:2012

 

2012年にNBAにアーリーエントリーを行い、全体1位指名でニューオーリンズ・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ペリカンズ)に入団しました。2013年にはNBAオールスターゲームのライジング・スターズ・チャレンジに選出され、その後は2014年と2015年のオールスターゲームに連続出場を果たしました。

2015年11月6日のアトランタ・ホークス戦では、自己最多記録となる46得点を記録しました。2017年2月19日には地元スムージー・キング・センターで開催されたNBAオールスターゲームでアンソニー・デイビスは両チーム最多の52得点を記録し、MVPに選出されました

2018年シーズンの2月には、月間最優秀選手賞に選ばれました。この月のデイビスは月平均35得点、13リバウンド、2.5スティール、2.2ブロックを記録しています。

 

さて、そんなスラダンの河田…いや、アンソニー・デイビスのプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

【アンソニー・デイビスの魅力①:爆発的な得点力

アンソニー・デイビスは前にも書きましたが、211㎝の長身があるにもかかわらずガードの技ができるプレイヤーです。

もともと高校まで183㎝だった経験を活かし、ポストからのドライブは止められませんね。(笑)

動画は1チーム53得点取った動画になります。

 

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

【アンソニー・デイビスの魅力②:ダンク!!】

アンソニー・デイビスの魅力とすると、圧倒的なダンクですね!

アリウープパスからのダンクは動画を見ていても、最高到達点はリングのはるか上で叩き込んでいます。(笑)

こうなってみたいものですね(笑)

 

 

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

 

 

【アンソニー・デイビスの魅力③:ポストムーブ】

アンソニー・デイビスのシグネチャームーブで有名なのはポストアップからのドライブですね。

ドライブからのダンクもそうですが、ジャンプシュート、そしてステップバックしての3ポイントもあります。

101個のアンストッパブルなアンソニー・デイビスのポストアップをまとめた動画です。

是非見てみてください。

 

 

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

 

 

【アンソニー・デイビスのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・アンソニー・デイビスのプロフィール

・アンソニー・デイビスの記録

・アンソニー・デイビスの魅力①:爆発的な得点力

・アンソニー・デイビスの魅力②:ダンク!!

・アンソニー・デイビスの魅力③:ポストムーブ

 

アンソニー・デイビスは元ガード選手で今は211cmあるものの、非常にシュートレンジの広いセンタープレイヤーです。一番の持ち味はブロックショットでその活躍は圧巻です。

今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 238 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*