【NBA NEWS】ブレイク・グリフィンのトレード

【NBA NEWS】ブレイク・グリフィンのトレード

 

NBAのトレードの期日が迫る中、トレードの噂が立っていたロスアンゼルス・クリッパーズの「野獣」ことブレイク・グリフィン選手が、デトロイト・ピストンズに移籍することが決まった。

 

日本時間の30日、ロスアンゼルス・クリッパーズはトバイアス・ハリス、エイブリー・ブラッドリー、ボバン・マリヤノビッチ、2018年のドラフト1巡目指名権、2019年の2巡目指名権を得る代わりに、ブレイク・グリフィン、ブライス・ジョンソンとウィリー・リードを放出することを決めた。

28歳のブレイク・グリフィンは、2009年のドラフトでクリッパーズが1位指名で入団しました。ルーキーシーズンこそ怪我で1シーズン丸々を棒に振るもの、その翌年には新人賞を満場一致で獲得しました。

クリッパーズでの8シーズンの中でレギュラーシーズン通算504試合に先発出場し、1試合平均35.1分間のプレイで21.6得点、9.3リバウンド、4.2アシストをマークしています。オールスター選出も5回とクリッパーズ内でも屈指のスター選手であり、通算1万863得点はクリッパーズの球団歴代2位の数字です。

 

クリッパーズのチェアマン、スティーブ・バルマーは

「グリフィンは見事なインパクトを残した。ロサンゼルスにおける彼のレガシーは今後も残るだろう。ブレイクと知り合い、彼を応援できてうれしかった。彼やブライス、ウィリーの幸運を祈る。大変な変化だが、私のフロントに対する信頼はかつてないほどだ。今日はこれまでにないほど優勝という最終的な目標を信じている」と述べた。

 

引用:http://www.nba.co.jp/nba/press-release-la-clippers-acquire-harris-bradley-marjanovic-first–second-round-picks/1ql4k9glwtcm91qh742efpi83p

 

トレードされる選手の紹介

 

【トバイアス・ハリス】

25歳のハリスは今季、ピストンズで48試合に先発出場。1試合平均18.1得点、5.1リバウンド、2.0アシストを記録している。平均32.6分間のプレイで3ポイントショット成功率は40.9%。ミルウォーキー・バックス、オーランド・マジック時代を含め、レギュラーシーズン通算432試合に出場し、1試合平均29.3分間のプレイで14.3得点、5.6リバウンド、1.6アシストをマークしている。

 

【エイブリー・ブラッドリー】

27歳のブラッドリーは今季、ピストンズで40試合に先発出場。1試合平均15.0得点、2.4リバウンド、1.15スティールを記録している。平均31.7分間のプレイで3P成功率は38.1%。ボストン・セルティックス時代を含め、レギュラーシーズン通算453試合に出場し、1試合平均28.4分間のプレイで12.4得点、3.0リバウンド、1.09スティールをマークしている。2016年にオールディフェンシブチーム、2013年にオールディフェンシブセカンドチームに選出された。

 

【ボバン・マリヤノビッチ】

29歳のマリヤノビッチは今季、ピストンズで19試合に出場(先発1試合)。1試合平均9分間のプレイで、6.2得点、3.0リバウンドを記録している。サンアントニオ・スパーズ時代を含め、レギュラーシーズン通算108試合に出場し、1試合平均9.0分間のプレイで5.6得点、3.5リバウンドをマークしている。NBAの前にセルビア、ロシア、リトアニアでプレイし、2015年にオールユーロリーグチームに選出。2013年から3年連続でセルビアリーグのMVPに選ばれている。

 

以上引用:http://www.nba.co.jp/nba/press-release-la-clippers-acquire-harris-bradley-marjanovic-first–second-round-picks/1ql4k9glwtcm91qh742efpi83p

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 252 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*