【NBAニュース】マーカス・スマートがNBA2021-22年シーズンの最優秀守備選手賞を受賞

2021-22年シーズンのDPOYことKia NBA最優秀守備選手賞(Kia NBA Defensive Player of the Year)に輝いたのは今シーズン71試合に先発出場し、12.1得点、自己最多の5.9アシスト、3.8リバウンドを記録をしたボストン・セルティックスのマーカス・スマートが輝きました。

投票は全世界の100名のスポーツライターとブロードキャスターによるもので、1位票が5ポイント、2位票が3ポイント、3位票が1ポイントとなっており、スマートは257ポイントを獲得しましたた(1位票37)。2位はフェニックス・サンズのミケル・ブリッジズで202ポイント(1位票22)、3位は3度受賞の過去を持つユタ・ジャズのルディー・ゴベアで136ポイント(1位票12)となりました。

今シーズンNBA通算8シーズン目となるスマートは、1試合平均スティール(1.68)はNBAで7位、スティール数(119)は6位、ルースボール奪取(75)でNBAの4位タイ、ディフレクション(206)とチャージング誘引(16)で同10位タイとディフェンス面で大きくセルティックスに貢献しました。

スマートの活躍もあり、セルティックスはリーグトップのディフェンシブレーティング(106.2)と平均失点(104.5)を記録しており、対戦相手のフィールドゴール成功率(43.4%)、対戦相手の3ポイントショット成功率(33.9%)はリーグ最少となっています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【2022年NBA最優秀守備選手:マーカス・スマート】

Boston Celtics' Marcus Smart Finally Getting The Point (Guard)

本名:マーカス・スマート(Marcus Smart)

【誕生日】1994年3月6日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】193cm
【体重】100kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】36番
【ポジション】PG/SF

マーカス・スマートは高校時代から全米で有名な選手で、高校では多くの優勝を経験し、高校の通産の勝敗は115-6と前代未聞の数字を出しています。高校卒業マクドナルドオールアメリカンに選出され、全米No.1のシューティングガードとしてESPN.comが発表する番付で紹介されていました。

大学はオクラホマ州立大学に進学し、1年時よりスタート選手としてチームをけん引しました。しかしながらNCAAトーナメントには出場するものの、NCAA常連校との力の差が大きく、NCAAトーナメントではなかなか勝ち進めませんでした。

大学に2年在籍した翌年の2014年のNBAドラフトにアーリーエントリーを行い、1巡目6位という大きな期待をされた状態でボストン・セルティックスに入団しました。

更に詳しくマーカススマートについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 872 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*