【NBAニュース】2023年の殿堂入りメンバーが発表される

ノビツキー、ガソル、パーカー、ウェイド、ポポビッチら12名が選出

4月1日(日本時間2日)、ネイスミス・メモリアル・バスケットボール・ホール・オブ・フェイム(以下、殿堂)が、2023年に殿堂入りを果たす12名を発表しました。殿堂入りの式典は、2023年8月11日〜12日(同12日〜13日)にマサチューセッツ州スプリングフィールドで開催されます。

北米委員会の選出で今回殿堂入りを果たすのは、大学コーチ通算歴代最多勝(1300)とNJCAA年間最優秀コーチ2回受賞のジーン・ベス、オールスター選出6回とNBA優勝2回で2002年の新人王を受賞したパウ・ガソル、通算826勝でD3ナショナルチャンピオン2回とD3コーチ・オブ・ザ・イヤー2回受賞のデイビッド・ヒクソン、NCAAコーチ・オブ・ザ・イヤー6回受賞とNCAAトーナメント出場17回のジーン・キーディ、オールスター選出14回と優勝1回で2006-2007シーズンMVPのダーク・ノビツキー、オールスター選出6回とNBA優勝4回で2007年NBAファイナルMVPのトニー・パーカー、NBA通算最多勝とNBA優勝5回で年間最優秀コーチ3回受賞のグレッグ・ポポビッチ、オールスター選出13回とNBA優勝3回で2006年NBAファイナルMVPのドウェイン・ウェイドの8人です。

女子委員会の選出では、通算852勝で2011年ナショナルチャンピオンのゲイリー・ブレア、WNBAオールスター選出6回とオールWNBAファーストチーム選出2回のベッキー・ハモンが殿堂入りを果たしましたた。

また、その他の選出から殿堂入りを果たすのは、1976年の女子オリンピックバスケットボール代表チームとジム・バルバノとなります。

2023年の殿堂入り12名は以下のとおり。

北米委員会選出(アルファベット順)

  • ジーン・ベス(コーチ)
  • パウ・ガソル(選手)
  • デイビッド・ヒクソン(コーチ)
  • ジーン・キーディ(コーチ)
  • ダーク・ノビツキー(選手)
  • トニー・パーカー(選手)
  • グレッグ・ポポビッチ(コーチ)
  • ドウェイン・ウェイド(選手)

女子委員会選出(アルファベット順)

  • ゲイリー・ブレア(コーチ)
  • ベッキー・ハモン(選手)

女子ベテラン委員会選出

  • 1976年女子オリンピックバスケットボール代表チーム

功労者委員会選出

  • ジム・バルバノ

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

About 餅つきうさぎ 1098 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*