【NBAニュース】ビンス・カーターの背番号15がネッツの永久欠番に

5月16日(現地15日)、ブルックリン・ネッツはビンス・カーターが着用した背番号15を永久欠番にすることを発表しました。

カーターは2004-05シーズン途中から2008-09シーズンまでの約5シーズンの間をニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)でプレイしネッツに在籍中、カーターは平均23.6得点、5.8リバウンド、4.7アシストを記録し、NBAオールスターに3回選出されています。

通算成績では、8834得点(球団史上3位)、3ポイント成功数638本(4位)、1762アシスト(7位)などを筆頭に、多くの部門で球団史でトップクラスの成績を残しており、カーターは、ドラゼン・ペトロビッチ(3番)、ジェイソン・キッド(5番)、ジョン・ウィリアムソン(23番)、ビル・メルキオーニ(25番)、ジュリアス・アービング(32番)、バック・ウィリアムズ(52番)らに続いて、ネッツ史上7人目の永久欠番プレイヤーとなっています。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ヴィンス・カーターのプロフィール】

Image result for vince carter

本名:ヴィンス・カーター(Vince Carter)

【誕生日】1977年1月26日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】100kg
【所属】アトランタ・ホークス
【背番号】15番
【ポジション】SG/SF

  • 8×NBAオールスターゲーム出場:2000~2007
  • オールNBAチーム
    • 2ndチーム:2001
    • 3rdチーム:2000
  • NBAチームメイト・オブ・ザ・イヤー賞 : 2016
  • NBAスラムダンクコンテスト優勝:2000
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:1999
  • 新人王:1999

ヴィンス・カーターが初めてダンクをしたのは中学1年生で身長173㎝だった時だそうです。もともとヴィンス・カーターはバレーボールでもアメリカ代表に選ばれるほど実力者でしたが、バスケットボールを最終的には選び、バスケットボール強豪校であるノースカロライナ大学に進学しました。

大学時代は3年生までプレーをし、ACCファーストチームやオールアメリカセカンドチームに選出されるなどしていました。チームは自身が3年生の時にベスト4で敗れ、その後ヴィンス・カーターは1年間早めにアーリーエントリーを行いNBAに入りました。

さらに詳しくビンス・カーターについて知りたい人はこちらを確認ください。

About 餅つきうさぎ 1309 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*