【NBA選手名鑑】空前絶後のダンカー~ヴィンス・カーター~

こんにちわ!「餅つきうさぎ」です!

さあ!またまたNBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな「餅つきうさぎ」は、ヴィンス・カーター選手についての紹介をしていきます。

「彼は173㎝で中1からダンクをしていた」こんなフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?

ヴィンス・カーターは今シーズン40歳でまだ現役でプレーをする生きるレジェンドです。

 

今回はそんなヴィンス・カーター選手をプレーの魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

【ヴィンス・カーターのプロフィール】

 

本名:ヴィンス・カーター(Vince Carter)

【誕生日】1977年1月26日

【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】100kg
【所属】サクラメント・キングス
【背番号】15番
【ポジション】SG/SF

 

ヴィンス・カーターが初めてダンクをしたのは中学1年生で身長173㎝だった時だそうです。もともとヴィンス・カーターはバレーボールでもアメリカ代表に選ばれるほど実力者でしたが、バスケットボールを最終的には選び、バスケットボール強豪校であるノースカロライナ大学に進学しました。

大学時代は3年生までプレーをし、ACCファーストチームやオールアメリカセカンドチームに選出されるなどしていました。チームは自身が3年生の時にベスト4で敗れ、その後ヴィンス・カーターは1年間早めにアーリーエントリーを行いNBAに入りました。

今年41歳を迎えた生きるレジェンドヴィンス・カーターはとはどんな選手なのでしょうか?ヴィンス・カーターの記録とともに振り返ってみましょう。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

【ヴィンス・カーターの記録】

    • 8×NBAオールスターゲーム出場:2000~2007
    • オールNBAチーム
      • 2ndチーム:2001
      • 3rdチーム:2000
    • NBAチームメイト・オブ・ザ・イヤー賞 : 2016
    • NBAスラムダンクコンテスト優勝:2000
    • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:1999
    • 新人王:1999

 

ヴィンス・カーターは1998年のNBAドラフトでゴールデンステート・ウォリアーズが全体5位で指名NBAキャリアをスタートさせました。しかし、即座にトレードでトロント・ラプターズに移籍しました。ここからヴィンス・カーターの飛躍のルーキーイヤーが始まります。

NBAに入った年から活躍し、ふたを開けてみればNBAオールルーキーチームの1stチームに選出されるなどで、新人王を受賞しました。

2000年のNBAオールスターゲームではファン投票最多投票でオールスターに先発で出場しました。また同年のスラムダンクコンテストにも出場し、試技5回中3回で満点という驚異的なパフォーマンスを披露し見事に優勝しました。

また2000年はシドニーオリンピックでかの有名な215㎝の選手を2mない選手が飛び越えてダンクをするというモンスター的ダンクを試合中に披露し、話題となりました。

その後はプレイスタイルに比例するように故障を繰り返し、なかなか思うように成績を残せずに苦しい時期を過ごしました。その後ラプターズとの馬が合わなくなったヴィンス・カーターは2004年12月にニュージャージー・ネッツに移籍しました。

ニュージャージー・ネッツに移籍してからは、平均得点20点以上を取り続けてはいたもののチームの再建の時期に当たりなかなか思うように勝つことはできず、2008-09シーズンに故郷であるオーランドのオーランド・マジックに移籍をしました。

その後は、フェニックス・サンズ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、とチームを転々とし、今はサクラメント・キングスに所属しています。

今年の1月に41歳となり20シーズン目を迎えたヴィンス・カーター。20シーズン越えをしているのはロスアンジェルス・レイカーズのレジェンド、コービー・ブライアントのみであり、今後来シーズンもNBAに残ることになれば、シーズン21シーズン目となり記録の樹立となります。

 

ところでそんなヴィンス・カーター選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

【ヴィンス・カーターのダンクの魅力①:

ヴィンス・カーターと言えば、もうダンクしかありません。(笑)

上でも書きましたが、2000年に行われたシドニー・オリンピックでの対フランス戦、NBAのスーパースター軍団を要したチームUSAでしたが、その中でも忘れられないであろうシーンがこの動画でです。

この試合でヴィンス・カーターは、なんと218cmの選手を開脚で飛び越えながらダンクを叩き込むという人間技とは思えないプレイをしました。ちなみにカーターの身長は198㎝で本当に「空前絶後」のダンクシーンだったと思います。

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

【ヴィンス・カーターのダンク魅力②:2000年のダンクコンテスト】

ヴィンス・カーターの2つ目に有名なダンクは初ダンクコンテストに出場した時のものです。

 

5回の演技の中で3回万点を記録するという、ここでも人間業だとは思えないダンクを量産しました。

またヴィンス・カーターと言えば、ウィンドミルが代名詞ですよね。

この動画にもウィンドミルの動画がのっているので是非チェックしてみてください。

 

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

 

 

【ヴィンス・カーターの魅力③:存在感】


以前ダーク・ノビッキーの記事でもお伝えしましたが、来季もプレイすれば、

ロバート・パリッシュ(ボストン・セルティックスなど)、

ケビン・ウィリス(アトランタ・ホークスなど)、

ケビン・ガーネット(ミネソタ・ティンバーウルブスなど)

と並んで、NBA史上、最も長くプレイした選手の仲間入りを果たします。今年先んじて41歳になっているヴィンス・カーターですが、今後もその動向にも注目です。


また41歳になってもプレーは健在です。同い年のサンアントニオ・スパーズのジノビリ選手との得点の入れあいになったシーンがあります。この年になっても存在感を示せる選手はやはりレジェンドだからこそですね。

 

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

 

 

【ヴィンス・カーターのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・ヴィンス・カーターのプロフィール

・ヴィンス・カーターの記録

・ヴィンス・カーターのダンクの魅力①

・ヴィンス・カーターのダンクの魅力②

・ヴィンス・カーターの魅力③存在感

 

色々とヴィンス・カーターについて調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今年で20シーズン目に入っているヴィンス・カーターですが、古巣のトロント・ラプターズに戻りキャリアを終えたいとの声も出ています。来季の動きにも注目ですね。

今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 254 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*