【NBAニュース】NBAファンが選ぶ2021-22シーズンお気に入り動画

@NBA、 NBA App、NBA.comを通じたNBAファン投票による2021-22 レギュラーシーズンのお気に入りの瞬間がつまった、ベストモーメントが決まりました。8つのカテゴリーで選出された、ファンお気に入りの最高の瞬間をご紹介します。

最優秀ダンク: ジャ・モラント

最優秀アシスト: スティーブン・アダムズからモラントへ

最優秀ハンドリング: ジョーダン・プール

最優秀ブザービーターショット: デボンテ・グラハム

最優秀ファンモーメント: ステフィン・カリーと少女

最優秀バイラルモーメント: カリーが通算3P成功数の新記録

最優秀フォト: ギャリー・ペイトン二世のリバースダンク

最優秀スタイル: デビン・ブッカー

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

最優秀ダンク: ジャ・モラント

2月28日(日本時間29日)の試合の前半、メンフィス・グリズリーズのオールスター選手が、サンアントニオ・スパーズのヤコブ・パートルを相手に叩き込んだダンク。モラントは試合最多の52得点をあげた。

最優秀アシスト: スティーブン・アダムズからモラントへ

同じく2月28日(同29日)の試合で、前半終了間際にアダムズがコート横断のインバウンズパスを出し、モラントがとてつもないアリウープでブザービーターショットを決めた。

最優秀ハンドリング: ジョーダン・プール

3月27日(同28日)のワシントン・ウィザーズ戦で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのプールはスルー・ザ・レッグとビハインド・ザ・バックの連続で相手選手たちの間を突破。トップ・オプ・ザ・キーからのドライブで左手のレイアップを決めた。

最優秀ブザービーターショット: デボンテ・グラハム

ニューオーリンズ・ペリカンズとオクラホマシティ・サンダーの一戦で、残り1.4秒にシェイ・ギルジャス・アレクサンダーがハーフコート付近からのショットを決め、オーバータイム突入と思われた中で、グラハムは自陣からのロングショットを沈めてペリカンズを勝利に導いた。

最優秀ファンモーメント: ステフィン・カリーと少女

観戦した試合にカリーが出場せず、お気に入りの選手を見る機会を逃した少女。次の試合の試合前、カリーが少女と交流した瞬間だ。

最優秀バイラルモーメント: カリーが通算3P成功数の新記録

12月14日(同15日)、カリーはマディソン・スクエア・ガーデンでのニューヨーク・ニックス戦の第2Qに3Pを沈め、レイ・アレンを上回り、通算3P成功数の新記録を打ち立てた。

最優秀フォト: ギャリー・ペイトン二世のリバースダンク

撮影したJed Jacobsenは「ペイトン二世は写真家にとっての夢です。計り知れない情熱で、あれほどダイナミックに運動能力を生かしたプレイをする。それが素晴らしい写真となって伝わるのです。彼のようにダンクできる選手はリーグに多くありません。この特別な写真は彼の運動能力を表しています。NBAファンの最優秀フォトに選ばれたことは光栄ですが、ペイトン二世の素晴らしいスキルなしにはできなかったことです!」と述べた。

最優秀スタイル: デビン・ブッカー

今季のコート外でのスタイルで最高だったと選ばれたのは、フェニックス・サンズのオールスター選手だった。

About 餅つきうさぎ 893 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*