【日本代表NEWS】日本がイランを14点差で下す!

【reference=https://basketballking.jp/】

9月17日に行われた、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選(Window4)」で、男子日本代表がイランと対戦をしました。

その結果、70-56で男子日本代表が勝利を勝ち取ったのです。

これで、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選(Window4)」での男子日本代表の成績は、2戦2勝となりました。

 

 

後半で見事逆転をし、逃げ切る展開に!

前半は、イランの外角からのシュートがよく決まり、リードを奪われる展開でスタートしました。

イランは日本に比べ、フィジカル面では優っているため、そこでどうしても苦しめられる展開でした。

その後も、イランのビッグマンに苦しまれる展開が生まれるものの、日本代表はベンチメンバーがハッスルした結果、なんとか4点差で前半を終えました。

後半に入ってから、八村塁と渡邊雄太選手の猛攻により、4点リードを奪います。

最大で2桁リードを奪うほどの日本の勢いに、イランが必死に食らいつく展開に逆転しました。

その後も堅実なディフェンスでイランのオフェンスを封じ、最終的には70−56というスコアに着地しました。

 

 

次の日本代表戦は、ホーム富士山市総合体育館

次の日本代表戦、11月30日カタール戦、12月3日カザフスタン戦は、富山市総合体育館で行われることになりました。

チケット販売については、こちらのページをご参照ください。

http://fibaworldcup2019-asian.japanbasketball.jp/ticket/3539

シェル
About シェル 227 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*