【NBA NEWS】渡邊雄太選手が日本人快挙の活躍!

2018年10月7日、メンフィス・グリズリーズ対インディアナ・ペイサーズのプレシーズンマッチにて、渡邊雄太選手が11得点3リバウンド1ブロック1スティールの大活躍をし、勝利に貢献しました。

日本人2人目のNBAプレシーズンに出場した渡邊雄太選手の活躍は、一体どれほどのものだったのでしょうか?

 

 

渡邊雄太選手が日本人初の快挙を達成!!

先ほども述べたように、渡邊雄太選手は11得点3リバウンド1ブロック1スティールの大活躍をしました。

その活躍は非常に目覚しいもので、3クォーター残り5秒という時間で相手のジャンプショットをブロックするところから、渡邊雄太選手の活躍が始まります。

4クォーター開始35秒ほどで、渡邊雄太選手がスティールし、そのまま2得点の速攻に繋げるプレー。

4クォーター開始5分で、ルーズボールを素早く保持すると、そのままダンクショットを叩き込む。

3点ビハインドの中、4クォーター残り7秒で3Pシュートを決める。

などなど、本当に素晴らしい活躍の数々でした。

また、NBAプレシーズンでダンクショットを決めたのは、日本バスケ界で史上初となります。

これからの渡邊雄太選手の活躍がとても楽しみですね。

 

 

【渡邊雄太選手の活躍をテレビで観戦したい方へ!】

渡邊雄太選手は、日本人の誇りですね。

テレビでもっと渡邊雄太選手を観戦したい!という方は、ぜひ「WOWOW」に加入されることをお勧めします( ´ ▽ ` )ノ

というのも、BSのNHKでは、NBAの試合が1週間に2本しか配信されないため、中々自分の好きなチームを観戦することができません。

それに対し、WOWOWはNBAの試合を週に5本放映してくれるため、自分の好きなチームの試合も頻繁に流してくれます。

しかも、パソコン・スマホ・タブレットでもWOWOWを視聴することができるので、NBA好きの方にとってはかなり便利なテレビサービスです!

気になる方はぜひチェックしてみてください。

シェル
About シェル 239 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*