【NBAニュース】NBA2019サマーリーグが終了

2019年7月5日~7月15日まで行われていたNBAサマーリーグが終了し、渡邊雄太が在籍するメンフィス・グリズリーズがミネソタ・ティンバーウルブズに95-92で勝利し優勝を飾りました。

2019年のサマーリーグには、NBAドラフ2019において指名された選手たちも多数メンバーに選出されていたのと、今回は日本人選手が過去最多の4人が出場するリーグとなっていて注目を集めていました。

知っている方も多いとは思いますが、メンバー入りを果たした4名を取り上げて記事を作ったのもあるので、ぜひご確認ください。

サマーリーグは今後のNBAを牽引していくであろう若手が活躍できるとてもいい機会です。サマーリーグを通して活躍した若手が、次期シーズンで活躍するのも楽しみですね!

この後、NBAは本格的なオフシーズンへと入っていきますがまだトレードも含めたNBA内での動きも見え隠れしています。今後のNBAの動きにも注目です。

今までのトレード情報をまとめています、是非ご確認ください!

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

【NBAサマーリーグ2019アワード】

「オールNBAサマーリーグ MVP:ブランドン・クラーク(グリズリーズ)」

「Brandon Clarke」の画像検索結果

本名:ブランドン・クラーク(Brandon Clarke)

【誕生日】1996年9月19日
【出身地】カナダ
【身長】203cm
【体重】98kg
【所属】ゴンザガ大学→メンフィス・グリズリーズ
【背番号】15番
【ポジション】F

ブランドン・クラークはカナディアンの母親とジャマイカ人の父のハーフでカナダ出身のゴンザガ大学に通う4年生です。1年生から2年生はサンホゼ州立大学に通っていて3年生の時に八村塁がいるゴンザガ大学へとトランスファーしてきた選手です。NCAAではシャキールオニールなどほか2人しか記録していない35得点以上、5ブロックの記録に並ぶ活躍を見せており得点リーダーとしてゴンザガ大学史上1番の記録を持っている選手となります。リバウンドやブロックでもゴンザガ大学の躍進を支えた選手で、NBAでの活躍が期待されている選手です。

「オールNBAサマーリーグ・ファーストチーム」 

ニッケル・アレクサンダー・ウォーカー(ペリカンズ)
ジャレット・アレン(ネッツ)
ブランドン・クラーク(グリズリーズ)
ケンドリック・ナウン(ヒート)
ミッチェル・ロビンソン(ニックス)

「オールNBAサマーリーグ・セカンドチーム 」

クリス・ブーチャー(ホークス)
八村塁(ウィザース)
ジャクソン・ヘイズ(ペリカンズ)
アンフェニー・シモンズ(ブレイザーズ)
ロニー・ウォーカー4世(スパーズ)

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 386 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*