史上最多!日本人選手4名がNBAサマーリーグへ参戦!

【reference=https://twitter.com/WashWizards/status/1144399264447156226?s=20】

2019年7月5日~7月15日までNBAサマーリーグが開催されます。

2019年のサマーリーグには、NBAドラフ2019において指名された選手たちも多数メンバーに選出されています。

ドラフト1位指名で入団したザイオン・ウィリアムソンもその1人です。

何よりも、今回のサマーリーグには日本人選手が4名もメンバー入りしているのをご存知でしたか?

4名の日本人選手がNBAサマーリーグに参戦するのは史上最多のこととなります。

知っている方も多いとは思いますが、メンバー入りを果たした4名を取り上げていこうと思います。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAサマーリーグ2019参加の日本人選手4名】

NBAサマーリーグに参戦する、メンバー入りを果たした日本人選手4名とはどの選手なのでしょうか。

早速、紹介していきたいと思います。

【NBAサマーリーグ2019参加日本人選手①:八村塁】

【reference=https://twitter.com/JPN_Basketball/status/1145827448375746560?s=20】

まず初めに紹介するNBAサマーリーグ2019に参加する日本人選手は、八村塁です。

八村塁と言えば、日本人選手として初めてNBAドラフトで指名されてNBA入りを果たしたプレイヤーですね。NBAドラフトの指名順位は9位。1桁以内という高順位でワシントン・ウィザーズに指名されて入団を果たしました。

八村塁はゴンザガ大学で3年までプレーしていました。ゴンザガ大学入学当時は英語も話せなかった八村塁ですが、3年という短い期間で驚異的な成長を遂げ、NCAA年間最優秀スモールフォワードに贈られるジュリアス・アーヴィング賞も受賞するほどのプレイヤーに成長しました。

NBAサマーリーグでは、NBAドラフトにて指名されたワシントン・ウィザーズにてベンチ入りをしてプレーします。

NBA入団後の成長にも大いに期待が高まる選手なのは間違いないでしょう。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】次世代のレブロンと呼ばれる男の正体!~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】オフェンシブポイントガードが才能を開花~ジャ・モーラント~

【NBAサマーリーグ2019参加日本人選手②:渡邊雄太】

【reference=https://twitter.com/JPN_Basketball/status/1145827448375746560?s=20】

2人目に紹介するNBAサマーリーグ2019に参加する日本人選手は、渡邊雄太です。

渡邊雄太は、NBAシーズン2018-2019においてメンフィス・グリズリーズと2way契約を結んだ日本人2人目となるNBA選手です。

206cmという日本人離れした体格でありながら、アウトサイドシュートが非常に上手いプレイヤーです。NBAのコートでも持ち前のアウトサイドのシュートを活かして得点も重ねていました。

NBAシーズン2019-2020においてもNBAでの契約を獲得すべく、NBAサマーリーグ2019への参加が決まっています。参加チームは、2way契約を結んでいたメンフィス・グリズリーズです。

NBAサマーリーグ2019結果次第によってどのチームと契約を結ぶかは異なりますが、結果次第では再度NBAのチームとの契約を結ぶことに繋がります。

渡邊雄太の活躍に期待しましょう。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】全米タイトル総なめしたR.J.バレットまとめ
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】驚異のバスケセンスで成長を続ける男~ジャレット・カルバー~

【NBAサマーリーグ2019参加日本人選手③:馬場雄大】

【reference=https://twitter.com/JPN_Basketball/status/1145827448375746560?s=20】

3人目に紹介するNBAサマーリーグ2019に参加する日本人選手は、馬場雄大です。

馬場雄大は、Bリーグのアルバルク東京にて主力選手として活躍している日本を代表するプレイヤーの1人です。筑波大学在籍中にBリーグのアルバルク東京と契約を果たしています。

アルバルク東京のBリーグ2連覇にも貢献しています。

その馬場雄大ですが、2019年6月に行われたダラス・マーベリックスのミニキャンプに招待されました。そのミニキャンプの成績が認められ、NBAサマーリーグ2019はダラス・マーベリックスのベンチ入りを果たしました。

ダラス・マーベリックスのNBAサマーリーグ参加は、日本代表のポイントガードでもある富樫勇樹も参加した経験を持っています。

馬場雄大はドライブからの豪快なダンクシュートが持ち味のプレイヤーです。NBAサマーリーグでもゴールへの果敢なドライブアタックでアピールしてくれることでしょう。

馬場雄大にもぜひ注目してみてください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019|ボル・ボル】史上最高身長の2世ビッグマン
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】生粋のオールラウンドプレイヤー~ディアンドレ・ハンター~

【NBAサマーリーグ2019参加日本人選手④:比江島慎】

【reference=https://twitter.com/JPN_Basketball/status/1145827448375746560?s=20】

4人目に紹介するNBAサマーリーグ2019に参加する日本人選手は、比江島慎です。

比江島慎は、日本のエースプレイヤーとして注目を浴びているプレイヤーです。ワールドカップのアジア予選でもチーム内で最多出場時間と最多得点を残しています。

現在は栃木ブレックスにてプレーしています。栃木ブレックスにてプレーする前は、オーストラリアのチームでプレーしていた経験も持っています。

比江島慎は、2019年6月に行われたニューオーリンズ・ペリカンズのミニキャンプに参加していました。ミニキャンプでの成績でNBAサマーリーグ2019のメンバー入りを果たしています。

ニューオーリンズ・ペリカンズと言えば、NBAドラフト2019において1位指名で獲得したザイオン・ウィリアムソンが所属しているチームになります。ザイオン・ウィリアムソンとの共演も充分にあり得ます。

何よりも日本人選手同士のNBAサマーリーグ2019の対戦が見ることができますね。

比江島慎にもぜひ注目してみてください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】身体能力・万能さを兼ね備えたオールラウンダー~キャメロン・レディッシュ~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】身体能力の高さで会場を沸かせるプレイヤー~ケルドン・ジョンソン~

【NBAサマーリーグ2019参加日本人選手まとめ】

●NBAサマーリーグ2019参加日本人選手①:八村塁

●NBAサマーリーグ2019参加日本人選手②:渡邊雄太

●NBAサマーリーグ2019参加日本人選手③:馬場雄大

●NBAサマーリーグ2019参加日本人選手④:比江島慎

NBAサマーリーグ2019に参加する日本人選手を紹介しました。

今年のNBAサマーリーグには史上最多となる4人の日本人選手がメンバー入りを果たしていますね。

八村塁に関してはワシントン・ウィザーズとの契約を果たしているため、NBA2019-2020シーズンでのプレーは確実となっています。八村塁以外の3選手である、渡邊雄太・馬場雄大・比江島はNBAサマーリーグの結果次第での契約が決まってきます。

非常に大事なNBAサマーリーグになるのは間違いないでしょう。

ぜひ4名の日本人選手に注目してみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 399 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*