【FIBAニュース】アメリカWCでの連勝が58で止まる

DONGGUAN, CHINA - SEPTEMBER 11: #27 Rudy Gobert of France drives during the quarter final of 2019 FIBA World Cup between USA and France at Dongguan Basketball Center on September 11, 2019 in Dongguan, China. (Photo by Zhizhao Wu/Getty Images)

アメリカのワールドカップ連勝記録は、2006年の世界選手権(現ワールドカップ)準決勝でギリシャに敗れたのを最後に58連勝していたものの、国際大会でのアメリカの連勝記録がついに途絶えました。

日本時間 9月11日、中国・東莞の東莞バスケットボール・センターで行なわれたFIBAバスケットボール・ワールドカップ2019準々決勝、アメリカ対フランスの一戦でフランスが89-79で勝利し、準決勝進出を決めました。

フランスはオーランド・マジックのエバン・フォーニエが22得点、ユタ・ジャズのルディ・ゴベアが21得点、16リバウンド、3ブロックと勝利に大きく貢献。試合終盤の8本のフリースローを全て決めた元NBA選手のナンド・デ・コロが18得点、ニューヨーク・ニックスのフランク・ニリキナが11得点とチームをけん引しました。

逆にアメリカはジャズのドノバン・ミッチェルが試合最多となる29得点を記録、マーカス・スマート(ボストン・セルティックス)が11得点、ケンバ・ウォーカー(セルティックス)が10得点をマークしました。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【FIBAワールドカップのこれまでの注目試合】

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 433 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*