【NBAニュース】NBA2020-21年シーズン開催は年内か?

NBA2020-21年シーズンの再開が最短で年内の2020年12月22日(日本時間23日)を目指していると、現地メディアの『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者が報じてから約2週間、11月5日(日本時間6日)にNBA選手会(NBPA)はリーグから受けていた2020-21シーズンの開幕日とスケジュールの提案を仮承認したことを発表しました。このまま合意に至れば、開幕日は2020年12月22日(同23日)となり、各チーム72試合をプレイすることとなります。

この結果通常のスケジュールに早く戻せるように段取りを組んで、2021年夏のオリンピック前にシーズンを閉幕することができる日程での開催すると報じています。

今後優先してNBAとNBA選手会が話し合うことになるのはフリーエージェント(FA)戦線の開始時期で、11月19日のドラフト終了後なるべく早くFA選手との交渉をスタートすることが求められています。

その理由としてFA選手ならびにそれに絡んだトレードで移籍する選手は、12月2日に幕を開けるトレーニングキャンプまでに新チームへ合流していなければならないため、かつてないほどの過密スケジュールになることが確実視されているためです。

2020-21年シーズンの開幕は勿論ですが、ドラフトやFA戦線など多くの動きが短時間でありそうなシーズンスタートとなりそうです!

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 599 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*