NBA2020年シーズン後移籍(トレード)予想15の噂【最新】

NBA2019-20年シーズンはレブロン・ジェームズ率いるロスアンゼルス・レイカーズが通算17度目となる優勝を飾り、2019-20年シーズンが終了しました。今後注目されるのは、2020年ドラフトとフリーエージェント、トレードとなりますが、2020-21年シーズンにチームの移籍の可能性のある選手たちを紹介します。

今年FA権が行使できる有名選手をピックアップします。中にはスーパースターの名も入ってきており、来期以降のシーズンを大きく左右する可能性を秘めています。

【2019-2020年NBAトレードの噂15選手まとめ】

さて、それでは実際に2020年NBAトレードの噂があるのは、どんな選手でしょうか?

早速見てみましょう!

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

【2020年NBAトレードの噂:アンソニー・デイビス】

2019-20スタッツ 26.1 ppg, 9.3 rpg, 3.2 apg, 2.3 bpg, 50.3 % FG

本名:アンソニー・デイビス (Anthony Davis)

【誕生日】1993年3月11日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】208cm
【体重】115kg
【所属】ロスアンジェルス・レイカーズ
【ポジション】PF/C
【背番号】3番
【受賞歴】

  • 7×NBAオールスターゲーム出場 2014-2020
  • NBAオールスターゲームMVP : 2017
  • ブロック王 2014, 2015, 2018
  • オールNBAチーム
    • 3×1stチーム:2015, 2017, 2018
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム:2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム 2013
  • NCAAチャンピオン:2012

アンソニー・デイビスは2019-20年シーズン終了後プレイヤーオプションのフリーエージェントになる選手になります。2019-20年にロスアンジェルス・レイカーズに電撃移籍してきたアンソニー・デイビスですが、シーズン途中にはマックス契約を断ったのではといううわさも出ており、今後の数年はロスアンジェルス・レイカーズに所属する可能性が高いと言われていますが、どうなるのかは最近のNBAの風潮を考えると不明で注目です!

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

【2020年NBAトレードの噂:ブランドン・イングラム】

2019-20スタッツ: 23.8 ppg, 6.1 rpg, 4.2 apg, 39.1 % 3-pt FG

本名:ブランドン・イングラム (Brandon Ingram)

【誕生日】1997年9月2日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】86kg
【所属】ニューオリンズ・ペリカンズ
【ポジション】SF

  • NBAオールスターゲーム出場:2020
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム:2017
  • NBA MIP:2020

2019-20年シーズン後にブランドン・イングラムは制限付きフリーエージェントになります。2019-20年シーズンにロスアンジェルス・レイカーズからアンソニー・デイビスのトレードでペリカンズに移籍したイングラムですが、そこでドラフト2位の実力を示しNBAオールスターにも選出されています。新たに大きくステップアップする可能性もあり、今後の動向に注目です。

おすすめ記事 →  【動画】爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

【2020年NBAトレードの噂:デマー・デローザン】

2019-20スタッツ: 22.1 ppg, 5.5 rpg, 5.6 apg, 53.1 % FG

本名:デマー・デローザン(DeMar DeRozan)

【誕生日】1989年8月7日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】201cm
【体重】98kg
【所属】サンアントニオ・スパーズ
【背番号】10番
【ポジション】SG/SF

  • 4×NBAオールスターゲーム出場 : 2014, 2016-2018
  • オールNBAチーム
    • 2ndチーム:2018
    • 3rdチーム:2017

デマー・デローザンは2019-20年シーズン後にプレイヤーオプションのフリーエージェントとなります。2017-18年シーズンに不本意な形でトロント・ラプターズからサンアントニオ・スパーズに移籍してきたデローザンですが、今季はチームの状況も悪く来季の移籍もあり得るのか、注目です。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【2020年NBAトレードの噂:ゴードン・ヘイワード】

2019-20スタッツ: 17.5 ppg, 6.7 rpg, 4.1 apg, 50.0% FG, 38.3 % 3-pt FG

本名:ゴードン・ヘイワード(Gordon Hayward)

【誕生日】1990年3月23日
【出身地】アメリカ
【身長】203cm
【体重】103kg
【出身校】バトラー大学
【所属】ボストン・セルテ

  • NBAオールスターゲーム出場:2017

ゴードン・ヘイワードは2019-20年シーズン後にプレイヤーオプションのフリーエージェントとなります。今シーズンもケガに悩まされているものの、ケガ前と復帰後にも活躍はできており、他チームが獲得に動くか不安要素も多いですが、注目です。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2020年NBAトレードの噂:モントレズ・ハレル】

2019-20スタッツ: 18.6 ppg, 7.1 rpg, 1.7 apg, 58.0 % FG

本名:モントレズ・ハレル(Montrezl Harell)

【誕生日】1994年1月26日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】109kg
【所属】ロスアンゼルス・クリッパーズ
【背番号】5番
【ポジション】PF/C

  • NCAAチャンピオン : 2012
  • カール・マローン賞 : 2015

ロスアンゼルス・クリッパーズのセカンドユニットとしてルー・ウィリアムズと共にチームをけん引しているモントレズ・ハレル選手ですが、2019-20年シーズン後に制限なしのフリーエージェントとなります。ハイエナジーで身体能力抜群のモントレズ・ハレルの獲得を虎視眈々と狙っているチームもあるのではと言われており、チームには必要不可欠なピースとなりそうです。

おすすめ記事 →  爆発的なオフェンス力を身に付けるためのハンドリング練習メニュー3選

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

【2020年NBAトレードの噂:デダニーロ・ガリナリ】

2019-20スタッツ: 18.7 ppg, 5.2 rpg, 1.9 apg, 40.5 % 3-pt FG

本名:ダニーロ・ガリナリ(Danilo Gallinari)

【誕生日】1988年8月8日
【出身地】イタリア
【身長】208cm
【体重】106kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【背番号】8番
【ポジション】SF/PF

  • セリエAチャンピオン:2008
  • ユーロリーグライジングスター賞:2008

オクラホマシティ・サンダー移籍1年目でしたが、オクラホマシティ・サンダーのプレイオフ進出に大きく貢献し、32歳ながらもまだまだチームのオフェンス面ではチームを引っ張ることのできる選手です。今年の制限なしのFA権を持っており、どのチームからオファーが来るか注目です。

おすすめ記事 →  【動画】NBA史に名を残す3Pシューター、クレイ・トンプソンのおすすめハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】NBA界の仕事人、ドレイモンド・グリーンのおすすめハイライト動画集!

【2020年NBAトレードの噂:ボグダン・ボクダノビッチ】

2019-20スタッツ: 15.1 ppg, 3.4 rpg, 3.4 apg, 37.2 % 3-pt FG

【ボグダン・ボグダノヴィッチのプロフィール】

【誕生日】1992年8月18日
【出身地】セルビア
【身長】198cm
【体重】88kg
【所属】サクラメント・キングス
【背番号】8番
【ポジション】SG

  • NBAライジング・スターズ・チャレンジ MVP (2018)
  • ユーロリーグチャンピオン (2017)
  • オールユーロリーグ 1stチーム (2017)
  • 2×ユーロリーグライジングスター賞 (2014, 2015)
  • TBLチャンピオン (2016)
  • TBLカップチャンピオン (2016)
  • TBL MVP (2016)
  • TBL大統領杯優勝 (2016)
  • 2× TBLオールスターゲーム出場 (2016, 2017)
  • 4× セルビアリーグチャンピオン (2011–2014)
  • セルビアリーグMVP (2014)
  • 2×セルビアリーグカップチャンピオン (2011, 2012)
  • 2× ABAリーグチャンピオン (2011, 2013)
  • オールABAリーグチーム (2014)

2019-20年シーズン終了後に制限付きのフリーエージェントとなるボグダン・ボクダノビッチですが、今季はケガの影響もありその存在感を薄めつつある選手になります。ただ、2018年のライジングスターチャレンジMVPの実力は健在で、他のチームからも引手あまたになりそうな選手の1人です。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【2020年NBAトレードの噂:フレッド・バンブリート】

2019-20スタッツ: 17.6 ppg, 6.6 apg, 3.8 rpg, 39.0 % 3-pt FG

本名:フレッド・バンブリート(Fred Vanvleet)

【誕生日】1994年2月25日
【出身地】アメリカ
【身長】183cm
【体重】88kg
【所属】トロント・ラプターズ
【背番号】23番
【ポジション】PG

  • NBAチャンピオン : 2019

2018-19年シーズンにトロント・ラプターズのNBAチャンピオンの救世主となったフレッド・バンブリートが2019-20年シーズン後に制限なしのフリーエージェントとなります。185㎝と小柄ながらも正確なスリーポイントとゲームメイクができるフレッド・バンブリートがカイル・ラウリーの第2ガードという立場ではなく、チームの中心ガードとなる日も近いかもしれません。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2020年NBAトレードの噂:マイク・コンリー】

2019-20スタッツ: 14.4 ppg, 4.4 apg, 3.2 rpg

本名:マイク・コンリー(Mike Conley Jr.)

【誕生日】1987年10月11日
【出身地】アメリカ
【身長】185cm
【体重】82kg
【出身校】オハイオ州立大学
【所属】ユタ・ジャズ
【背番号】11番
【ポジション】PG

  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム : 2013
  • 2×NBAスポーツマンシップ賞 ::2014, 2016

メンフィス・グリズリーズから2019-20年シーズンにユタ・ジャズに移籍してきたマイク・コンリーですが、フランチャイズプレイヤーとしてチームのルールを作ってきた立場から新しいシステムにアダプトする部分で苦戦をしていますが、経験豊富なベテランはチームにマッチすることが想像されます。来季プレイヤーオプションのフリーエージェントとなる中で、チームに留まるか新たなチームに移籍するか動向が注目されます。

おすすめ記事 →  【動画】NBA史に名を残す3Pシューター、クレイ・トンプソンのおすすめハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】NBA界の仕事人、ドレイモンド・グリーンのおすすめハイライト動画集!

【2020年NBAトレードの噂:ポール・ミルサップ】

2019-20スタッツ: 11.6 ppg, 5.7 rpg, 1.6 apg, 43.5 % 3-pt FG

本名:ポール・ミルサップ(Paul Millsap)

【誕生日】1985年2月10日
【出身地】アメリカ
【身長】203cm
【体重】117kg
【出身校】ルイジアナ工科大学
【所属】デンバー・ナゲッツ
【背番号】4番
【ポジション】PF

  • 4×NBAオールスターゲーム出場 : 2014-2017
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム:2016
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム : 2007

若いメンバーがそろうデンバー・ナゲッツの縁の下の力持ちとしてチームをけん引してきたポール・ミルサップですが、2019-20年シーズン後には制限なしのフリーエージェントとなります。35歳となるベテランのミルサップですが、チームの勝利を手繰り寄せるプレイは健在で、今後の動向に注目です。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【2020年NBAトレードの噂:アンドレ・ドラモンド】

2019-20スタッツ: 17.7 ppg, 15.2 rpg, 1.6 bpg, 55.2 % FG

【本名:アンドレ・ドラモンド(Andre Jamal Drummond)】

【誕生日】1993年8月10日
【出身地】アメリカ
【身長】211cm
【体重】122kg
【所属】クリーブランド・キャバリアーズ
【背番号】3番
【ポジション】PF/C

  • NBAオールスターゲーム出場:2016, 2018
  • リバウンド王:2016, 2018, 2019
  • オールNBAチーム3rdチーム:2016
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム : 2013
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP : 2014

今季クリーブランド・キャバリアーズにシーズン中に移籍した、ブロックとリバウンドが強いドラモンドは今季プレイヤーオプションでのFAとなります。チームをなかなか勝たせられていないものの、その潜在能力はまだまだあるはずです。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2020年NBAトレードの噂:ゴラン・ドラギッチ】

2019-20スタッツ: 16.2 ppg, 5.1 apg, 3.2 rpg

本名:ゴラン・ドラギッチ(Goran Dragic)

【誕生日】1986年5月6日
【出身地】スロベニア
【身長】193cm
【体重】86kg
【所属】マイアミ・ヒート
【背番号】7番
【ポジション】PG/SG

  • NBAオールスターゲーム:2018
  • オールNBAチーム
    • 3rdチーム:2014
  • MIP:2014

2019-20年シーズンのヒートの躍進を支えた点取り屋のゴラン・ドラギッチですが、今季フリーエージェントになります。今年34歳と体調面で無理はできないことも多くなってきましたが、その得点力はチームをけん引できる能力をまだまだ持っており、ベテランを欲するチームは少なくないと思います。

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

【2020年NBAトレードの噂:ドワイト・ハワード】

本名:ドワイト・ハワード (Dwight Howard)

【誕生日】1985年12月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】120kg
【所属】ロスアンゼルスレイカーズ
【ポジション】C
【受賞歴】

  • 8×NBAオールスターゲーム出場 : 2007~2014
  • 5×リバウンド王:2008, 2009, 2010 2012, 2013
  • 2×ブロック王:2008, 2009
  • 4×ダンクシュート成功数1位:2006~2009
  • 3×NBA最優秀守備選手賞:2009~2011
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2005
  • オールNBAチーム
    • 5×1stチーム:2008~2012
    • 1×2ndチーム  : 2014
    • 2×3rdチーム:2007, 2013
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 4×1stチーム:2009~2012
    • 2ndチーム:2008
  • NBAオールスター・スラムダンクコンテスト優勝:2008
  • フィールドゴール成功率1位 : 2010

ドワイト・ハワードはこれまでかつてないような状態でチームに所属しています。過去自分のことばかり考えている選手としてチームから嫌われている部分が多くありましたが、今年のドワイト・ハワードは「優勝」というゴールを共有しチームプレイに勤しんでいます。「使われる」ドワイト・ハワードは最強の選手ということを証明しています。ロスアンジェルス・レイカーズとの契約は今年1年のなので今後の契約にも注目です。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2020年NBAトレードの噂:カーメロ・アンソニー】

本名:カーメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)

【誕生日】1984年5月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】109kg
【所属】ポートランド・トレイルブレイザーズ
【背番号】00番
【ポジション】SF

  • 10×NBAオールスターゲーム出場 : 2007, 2008, 2010~2017
  • 得点王 : 2013
  • オールNBAチーム
    • 2×2ndチーム : 2010, 2013
    • 4×3rdチーム : 2006, 2007, 2009, 2012
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2004
  • NBAルーキーチャレンジ : MVP: 2005
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2006, 2016
  • NCAAチャンピオン : 2003

10度のオールスター出場経験を持つカーメロ・アンソニーはポートランド・トレイルブレイザーズにとって大きな影響を与えられる選手としてNBAに返り咲いています。今シーズンの契約は保証されましたが、今後の契約に関しては白紙となっており、今後のカーメロ・アンソニーに注目です。

おすすめ記事 →  爆発的なオフェンス力を身に付けるためのハンドリング練習メニュー3選

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

【2020年NBAトレードの噂:デマーカス・カズンズ】

本名:デマーカス・カズンズ(DeMarcus Cousins)

【誕生日】1990年8月13日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】122kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【背番号】0番
【ポジション】C
【受賞歴】

  • オールNBAチーム
    • 2×2ndチーム 2015, 2016
  • 4×NBAオールスターゲーム出場 2015-2018
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム 2011

昨年ゴールデンステート・ウォリアーズからロスアンジェルス・レイカーズに移籍したデマーカス・カズンズですが、ケガの影響で今シーズンはまだ1度も試合に出場していません。制限なしのFAになるデマーカス・カズンズは体が健康であれば、間違いなくNBAトップクラスのセンターになりうる選手ですが、体の健康状態が肝になりそうです。

おすすめ記事 →  【動画】爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

【2020年シーズン後トレードの噂がある15選手】

いかがでしたか?

FAランキングというサイトからデータを頂いているので、チームに留まるであろうといわれている選手も何人かいますが、15人ご紹介しました。

まだまだトレードの話は今後も出てくると思うので、引き続きデータが更新され次第ご紹介します。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 601 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*