【NBAニュース】第18週の週間最優秀選手にルカドンチッチとブラッドリービールが選出

現地時間4月26日、NBAが2020-21シーズン第18週の週間最優秀選手が発表されました。ウェスタン・カンファレンスからはダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが、イースタン・カンファレンスからはワシントン・ウィザースのブラッドリー・ビールが選出されました。

今季3度目(通算4回目)の選出となったドンチッチは、チームが全勝した3試合で、平均26得点、9リバウンド、10アシスト、1.7スティールを記録した。21日(同22日)のデトロイト・ピストンズ戦では、30点、10リバウンド、9アシスト、2スティールを記録し、翌22日(同23日)のロサンゼルス・レイカーズ戦では、30得点、9リバウンド、8アシスト、3スティールをマーク。どちらもほぼトリプルダブル級の活躍でチームを牽引しました。

またマーベリックスの選手として週間最優秀選手賞を3回以上受賞したのは、ダーク・ノビツキー(16回)、マイケル・フィンリー(3回)、ジェイソン・キッド(3回)に続いて、ドンチッチが4人目で、今シーズン、週間最優秀選手賞を3回受賞した選手は、ドンチッチのほかにミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボとデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチの3人だけです。

一方、通算4回目(2019年3月以来)の選出となったビールは、チームが全勝した4試合で、平均31.3得点、5.8リバウンド、3.0アシストをマークしこの週リーグで唯一、4試合すべてで29得点以上をあげただけでなく、平均30得点以上、フィールドゴール成功率50.0%以上、フリースロー成功率90.0%以上、3ポイントショット成功率55.0%以上を記録した唯一の選手となりました。

ビールは21日(同22日)のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で、29得点、10リバウンドでダブルダブルを達成。19日(同20日)と23日(同24日)に行なわれたオクラホマシティ・サンダーとの2試合では、両試合ともFG成功率50.0%以上で30得点以上をあげて勝利に貢献し、さらに25日(同26日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦では、33得点、6リバウンド、3アシストを記録し、ウィザーズを2001年12月以来の最長記録となる8連勝に導いています。

原文:https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/nba-players-week-18-luka-doncic-bradley-beal/ehbb5csy8bxwzs8a4j5an602

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ルカ・ドンチッチのプロフィール】

本名:ルカ・ドンチッチ(Luka Dončić)

【誕生日】1999年2月28日
【出身地】スロベニア
【身長】203cm
【体重】103kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【背番号】77番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

  • NBAオールスターゲーム出場:2020
  • オールNBAチーム 1stチーム : 2020
  • 新人王 : 2019
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2019

ルカ・ドンチッチがヨーロッパのプロバスケチームであるレアル・マドリードと契約したのは2012年。当時、ルカ・ドンチッチは13歳という若さでプロバスケチームと契約を果たした選手なんです。

レアル・マドリードとの契約後は、チームの予備チームでプレーをしていました。

正式にレアル・マドリードの選手としてデビューを果たしたのは16歳。実に若い年齢の時点でのプロ選手デビューを達成している選手です。

ヨーロッパのレアルマドリードでのプロバスケ選手を経験後、NBAへのドラフトを表明。

見事、NBAドラフト2018において全体3位指名でNBA入りを果たすことになりました。

更に詳しくルカ・ドンチッチについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ブラッドリー・ビールのプロフィール】

Image result for bradley beal

本名:ブラッドリー・ビール(Bradley Beal)

【誕生日】1993年6月28日
【出身地】アメリカ
【身長】196cm
【体重】94kg
【所属】ワシントン・ウィザーズ
【背番号】3番
【ポジション】SG

ブラッドリー・ビールはミズーリ州セントルイス出身の選手で、ワシントン・ウィザーズに所属するNBA選手です。2010年時にFIBAアンダー17世界選手権にアメリカ代表として出場し、平均得点18得点という好成績で優勝に貢献しました。高校卒業時には平均32.5得点、5.7リバウンド、2.8アシストを記録し、2011年ミズーリ州のハイスクール最高選手に送られる賞を受賞しました。また同年2011年のゲータレードプレーヤーオブザイヤー賞にも選ばれています。

大学はフロリダ大学のスカウトで、アスリート奨学金を得てフロリダ大学に進学しました。1年時から中核選手として活躍をし、進学はせず2012年にNBAにアーリーエントリーを行いました。

更に詳しブラッドリービールについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 675 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*