【NBAニュース】タイラー・ヒーローがNBA2021-22年シーズンのシックスマン賞を受賞

2021-22年シーズンのKia NBAシックスマン賞(6thマン/Sixth Man of the Year)に輝いたのは今シーズン66試合に出場し、1試合平均32.6分で20.8得点、5.0リバウンド、4.0アシストを記録をしたマイアミ・ヒートのタイラー・ヒーローが輝きました。

タイラーヒーローは全世界の100人のスポーツライターと488ポイントを獲得しました(1位票96)。2位はクリーブランド・キャバリアーズのケビン・ラブで214ポイント(1位票3)で、3位はフェニックス・サンズのキャメロン・ジョンソンで128ポイント(1位票1)となっています。 選手には1位票につき5点、2位票につき3点、3位票につき1点が与えられています。

ヒーローは途中出場した8試合で30得点超をあげており、これは1970-71シーズン以降で3位タイの数字となっており、20試合で25得点超は4位タイの数字となっています。フリースロー成功率(86.8%)はNBAで20位、平均得点は21位、3ポイントショット成功率(39.9%)は26位、3P成功数(175)は32位となっています。

2019年のNBAドラフトで全体13位指名された22歳のヒーローは、ヒートでの3シーズンで175試合に出場し、平均16.7得点、4.7リバウンド、3.2アシストを記録しています。2019-20シーズンのルーキーシーズンにはオールルーキー・セカンドチームに選出されています。また同年のボストン・セルティックスとのカンファレンス・ファイナル第4戦では37得点をあげ、プレイオフの1試合におけるヒートの新人最多得点記録を樹立しています。

今シーズンはベンチ出場が多かったヒーローですが、ベンチからの出場で1シーズンに1162得点と球団最多記録を樹立しており、53勝29敗でイースタン・カンファレンスの第1シードを獲得したヒートに貢献しています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版

【2022年NBAシックスマン賞:タイラー・ヒーロー】

Image result for tyler herro

本名:タイラー・ヒーロー(Tyler Herro)

【誕生日】2000年1月20日
【出身地】アメリカ
【身長】196cm
【体重】88kg
【所属】マイアミ・ヒート
【背番号】14番
【ポジション】SF

  • NBAシックスマン賞 (2022)
  • NBAオールルーキーチーム2ndチーム (2020)
  • ジョーダン・ブランド・クラシック (2018)
  • ナイキ・フープサミット (2018)

2019年のNBAドラフトで1巡目13位指名のタイラー・ヒーローは2019-20シーズンは主にベンチからの出場ながらもNBAのレベルに順応し、NBAオールスターウィークに行われるライジングスターチャレンジでチームUSAのメンバーとして選出されました(ケガにより出場は辞退)。シーズンを通してチームの起爆剤として活躍したヒーローは2019-20年シーズンのNBAオールルーキーチーム(2ndチーム)に選出されました。

その後チームは破竹の勢いでカンファンレンスファイナルまで出場し、カンファレンスファイナルの第4戦にてヒーローは、ヒートのプレーオフ新人最多得点記録となる37得点を記録するなど、ルーキーとして申し分のないプレイを見せつけました。

更に詳しくにタイラーヒーローついて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 951 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*