【NBAニュース】2022-23年シーズンのワクチン未接種選手とスタッフは毎週検査へ

Mar 12, 2022; San Francisco, California, USA; A view of the NBA logo painted on the sideline before the game between the Golden State Warriors and the Milwaukee Bucks at Chase Center. Mandatory Credit: Darren Yamashita-USA TODAY Sports

『AP』が報じたところによるとNBAは8月30日(日本時間31日)、新シーズンに向けて各チームに通達を出し、COVID-19(新型コロナウイルス)のワクチンを未接種の選手とチーム関係者は毎週検査を受けることが義務となることが決まりました。

AP通信によればここ数週間で定められた方針で、NBPA(選手会)も賛同しており、ワクチン未接種者でもCOVID-19から「直近で回復」したとみなされる場合など一部例外もあるとのことです。これらの条件を除きチームドクターないしリーグドクター、あるいは政府当局から直接求められた場合を除き、検査は不要となるようです。マスク着用も求められないが、政府当局から感染拡大レベルが高いと分類される市場では、屋内でのマスク着用が推奨されるとのことです。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーが7月の理事会で「試合を巡るプロトコル、特に選手の安全衛生に関するプロトコルについては、シーズン開幕時に通常の流れになると思われる」と話したと伝えています。

今回の発表を経て、先シーズンブルックリン・ネッツでのホームゲームをプレイできていなかったカイリー・アービングなどもシーズンを通して全試合がプレーできる状況になるかと思われており、よりNBAが白熱したポストコロナの状況に戻るのではないかと期待されます。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

About 餅つきうさぎ 959 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*