【NBAニュース】NBAの各章トロフィーの名前とデザインを変更

MVPは「マイケル・ジョーダン・トロフィー」に

NBAは12月13日(日本時間14日)、リーグのパイオニアたちをたたえるものとしてシーズン後に贈られるNBAトロフィーの新デザインを発表しました。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、「新たなトロフィーは、NBAの歴史で最も影響を与えた偉大な選手たちの一部をたたえるものです。毎シーズン、リーグのトップパフォーマーを表彰する中で、これらの貴重な賞を体現するレジェンドたちにも我々は敬意を表します」と話しています。

新たなデザインのトロフィーは以下の通りです。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

マイケル・ジョーダン・トロフィー(MVP)

Michael Jordan TrophyNBA.com

リーグのMVPには、歴代最高のひとりと広く認知されているNBAレジェンドの名を冠した「マイケル・ジョーダン・トロフィー」となる。ジョーダンは輝かしいキャリアでMVPを5回受賞。優勝6回、NBAファイナルMVP受賞6回、オールNBAチーム選出11回、オールスター選出14回、オールスターMVP受賞3回、得点王10回。年間最優秀守備選手賞、新人王を受賞し、殿堂入りしている。NBA創立50周年と75周年の記念チームにも選ばれた。

MVP受賞までのNBA選手の道のりを表現する新トロフィーのデザインは、Nike社イノベーション・スペシャル・プロジェクトの元バイスプレジデントでジョーダン・ブランドのデザイナーであるマーク・スミス氏がジョーダンと協力した。同氏は過去20年超にわたり、様々なプロジェクトでジョーダンとコラボレーションしている。トロフィーは毎年、アーティストのビクター・ソロモン氏が製造する。

ブロンズのトロフィーは、選手が岩を突き破って究極の岩、クリスタルのバスケットボールに手を伸ばしているのが特徴。底部から頂部に向けてつやがかかるようになっており、リーグ入りからNBA最高の個人賞に至るまでのハードワークと進歩を表す。果てしなく最高を目指すMVPを表現するトロフィーだ。

また、トロフィーの名にちなみ、随所のさりげない工夫で敬意が表されている。

  • トロフィーの高さ(23.6インチ)と重さ(23.6ポンド)はジョーダンの背番号(23)と優勝回数(6)を表す
  • 5面の台座はジョーダンのMVP受賞回数5回にちなんでいる
  • トロフィー名が記されたバッジが六角形なのはジョーダンの優勝回数6回にちなんでいる
  • 台座の傾斜が15度なのはジョーダンの15シーズンにわたるキャリアにちなんでいる
  • クリスタルのバスケットボールの先端は23でジョーダンの背番号にちなんでいる
  • クリスタルのバスケットボールは直径1.23インチでMVPの唯一性とジョーダンの傑出したキャリアを示す

スミスは「マイケル・ジョーダンとの協力でNBAのMVPトロフィーをつくることができ、非常に光栄に思います」と話した。

「アスリートとしての偉業を追求したマイケルのビジョンをこの賞で形にすることは、一生に一度の機会であり挑戦でした。このプロジェクトでともに働く中で、マイケルにとって非常に重要だったのは、彼に似せたものにするのではなく、受賞者が賞の中に自分を見られるようにすることです。マイケルにとって、自分に敬意を表して賞に名前がつけられただけで十分な評価だったのです」


ジェリー・ウェスト・トロフィー(年間最優秀クラッチ選手)

Jerry West TrophyNBA.com

NBAは2022-23シーズンから新たな賞を導入した。「年間最優秀クラッチ選手」には、ジェリー・ウェスト・トロフィーが贈られる。

NBAのヘッドコーチに推薦されたメディア委員会の投票に基づく賞で、重要な局面でチームメイトのために最高の活躍をしたNBA選手に贈られる。

伝説的なロサンゼルス・レイカーズのアナウンサー、チック・ハーンは、接戦の終盤における並外れたショット力から、ウェストに「ミスター・クラッチ」というニックネームを授けた。ウェストは優勝1回、オールスター選出14回、NBAファイナルMVP、オールスターMVP、オールスター選出12回で、NBA創立35周年、50周年、75周年の記念チームに選ばれている。1971-72シーズンにウェストはレイカーズをレギュラーシーズンでの33連勝やNBA優勝に導いた。

トロフィーはNBA選手がジャンプショットを放つ様子が特徴。ウェストの完璧なフォームを模している。

ロサンゼルス・クリッパーズのスペシャルアドバイザーであるウェストは、「バスケットボール選手として、最も必要とされる時にチームメイトやファンの期待に応える以上の感動はありません」と話した。

「この新たなトロフィーは、そういった瞬間に最も活躍した選手に贈られます」

その他の新たにデザインされたトロフィー同様、ジェリー・ウェスト・トロフィーもソロモン氏とのコラボレーションでデザインされた。それらのトロフィーはすべて15インチのクリスタルのネットに包まれる構造。前面は平らで直接アイコンを見ることができ、下部に各賞の詳細と受賞者が刻まれている。

ソロモン氏は「NBAと協力してリーグのトロフィーのデザインを新たにする中で、私たちが唯一目指したのは、トロフィーを掲げるアスリートたちにふさわしい、まとまりある名誉なコレクションとすることでした」と述べた。

「これらのトロフィーは、個人として卓越の頂点に達した選手たちのハードワークを称賛するとともに、その偉大さを定めてきたNBAレジェンドたちに敬意を表するものです」


アキーム・オラジュワン・トロフィー(年間最優秀守備選手賞)

Hakeem Olajuwon TrophyNBA.com

殿堂入りしているアキーム・オラジュワンのキャリアといえば、守備における支配力だ。年間最優秀守備選手賞受賞2回、オールディフェンシブチーム選出9回のオラジュワンは、ブロック数でNBA歴代トップに立ち、スティールで9位につけている。優勝も2回経験し、オールスター選出は12回。MVP受賞、NBAファイナルMVP受賞2回、オールNBAチーム選出12回。NBA創立50周年、75周年の記念チームに選ばれている。

トロフィーは選手が片手を上げ、反対の手を下げ、ひざを曲げ、動く準備を整えているクラシックな守備スタンスをとっているのが特徴だ。

オラジュワンは「毎年の最優秀守備選手をたたえる機会を光栄に思います」と話した。

「偉大なバスケットボールチームはその守備力で決まるものです。そして偉大なチームには必ずエリート級の守備の支えとなる選手がいます」


ウィルト・チェンバレン・トロフィー(新人王)

Wilt Chamberlain TrophyNBA.com

1959-60シーズンのウィルト・チェンバレンはNBAのルーキーとして比類なきパフォーマンスだった。フィラデルフィア・ウォリアーズで平均46.4分間出場、37.6得点、27.0リバウンドを記録し、新人王とMVPを受賞したのだ。チェンバレンは優勝2回のほか、オールスター選出13回、MVP受賞4回、オールNBAチーム選出10回、NBAファイナルMVP受賞。NBA創設35周年、50周年、75周年の記念チームに選ばれている。

トロフィーは一度に2つのバスケットボールを持つ選手が特徴だ。

チェンバレンの姉妹であるバーバラ・チェンバレン・ルイスは、「NBAがこの名誉でウィルトの偉大さを永遠としてくださったことに恐縮し、感謝しています」と話した。

「ウィルトはその輝かしいキャリアでNBAのほぼすべての記録を塗り替えました。その最初が、どんなことが可能なのかを改めて定義し、その後のすべての新人たちにとっての天井となった素晴らしいルーキーシーズンでした」


ジョン・ハブリチェック・トロフィー(シックスマン賞)

John Havlicek TrophyNBA.com

ジョン・ハブリチェックは殿堂入りのキャリアにおいて、ベンチスタートからの途中出場でそれまでにない卓越ぶりを発揮した。キャリア最初の7シーズンでベンチから出場し、そのうちの4シーズンでオールスターに選出されている。NBA優勝は8回で、オールスター選出13回、オールNBAチーム選出11回、NBAファイナルMVP受賞、オールディフェンシブチーム選出8回。NBA創設35周年、50周年、75周年の記念チームに選ばれている。

トロフィーは走りながらジャンプしてショットを放つ選手の様子が特徴。選手がチームにもたらす勢いを象徴している。

ハブリチェックの妻ベスは「NBAがこの賞でジョンのキャリアの偉業を評価してくれたことを光栄に思います」と話した。

「そのリーダーシップと輝かしいプレイで、ジョンはチームの向上のためにある役割で効果的に活躍することの最高の例となり、究極のシックスマンとは何かを定義しました」


ジョージ・マイカン・トロフィー(最優秀躍進選手賞)

George Mikan TrophyNBA.com

「マイカン・ドリル」の名で知られるレイアップとフットワークの練習は、何十年にもわたってあらゆるレベルの選手の向上のために用いられてきた。基礎をマスターしたNBAで最初の支配的なビッグマン、ジョージ・マイカンの名を冠している。殿堂入りしているマイカンは、7シーズンでNBA優勝5回、オールスター選出4回、オールスターMVP受賞、オールNBAチーム選出6回。NBA創設25周年、35周年、50周年、75周年の記念チームに選ばれている。

マイカンの息子マイクは「NBAがこの名誉でジョージのキャリアの偉業を評価してくれたことをありがたく思っています」と話した。

「ジョージはNBAの歴史で最高の選手のひとりですが、おそらく最も偉大な彼のレガシィ(遺産)は、伝説の『マイカン・ドリル』を通じて受け継がれていったこと、世界中の何世代にもわたる選手たちが向上するためのツールをもたらしたことでしょう」

引用元

About 餅つきうさぎ 1028 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*