【NBAニュース】NBAオールスター2023年が閉幕

2月20日(現地19日)、NBAオールスター2023を締めくくる最終イベントとなる第72回NBAオールスターゲームがユタ州ソルトレイクシティのビビント・アリーナにて開催されました。

今年は初の試みとして、キャプテンのレブロン・ジェームズとヤニス・アデトクンボが試合開始前にNBAオールスタードラフトが行われる、ティップオフ直前にチームが決まる形となりました。試合は以下のように進み、チームヤニスが勝利しました。

試合は第1クォーターこそ46-46の同点となったものの、その後の2クォーターはチーム・ヤニスがリードをして、リードした状態で迎えた第4クォーター、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)がNBAオールスター記録となる55得点を叩き出し、チーム・ヤニスを勝利へと導きました。

NBAオールスターゲーム スコア

 1Q2Q3Q4Q合計
チーム・ヤニス46535926184
チーム・レブロン46464934175

チーム・ヤニス個人スタッツ

  • ジェイソン・テイタム:55得点、10リバウンド、6アシスト
  • ドノバン・ミッチェル:40得点、10アシスト
  • デイミアン・リラード:26得点、3リバウンド、4アシスト

チーム・レブロン個人スタッツ

  • ジェイレン・ブラウン:35得点、14リバウンド、5アシスト
  • カイリー・アービング:32得点、7リバウンド、15アシスト
  • ジョエル・エンビード:32得点、6リバウンド、4アシスト

NBAオールスターゲーム2023 ロスター

チーム・ヤニス

選手チーム
ヤニス・アデトクンボバックス
ジェイソン・テイタムセルティックス
ジャ・モラントグリズリーズ
ドノバン・ミッチェルキャバリアーズ
ラウリ・マルカネンジャズ
デイミアン・リラードブレイザーズ
ドリュー・ホリデーバックス
シェイ・ギルジャス・アレクサンダーサンダー
デマー・デローザンブルズ
パスカル・シアカムラプターズ
バム・アデバヨヒート
ドマンタス・サボニスキングス

チーム・レブロン

選手チーム
レブロン・ジェームズレイカーズ
ジョエル・エンビード76ers
カイリー・アービングマーベリックス
ルカ・ドンチッチマーベリックス
ニコラ・ヨキッチナゲッツ
アンソニー・エドワーズウルブズ
ジェイレン・ブラウンセルティックス
ポール・ジョージクリッパーズ
タイリース・ハリバートンペイサーズ
ジュリアス・ランドルニックス
ディアロン・フォックスキングス
ジャレン・ジャクソンJr.グリズリーズ

チーム分けドラフト

スターター

  • レブロン1位指名:ジョエル・エンビード
  • ヤニス1位指名:ジェイソン・テイタム
  • レブロン2位指名:カイリー・アービング
  • ヤニス2位指名:ジャ・モラント
  • レブロン3位指名:ルカ・ドンチッチ
  • ヤニス3位指名:ドノバン・ミッチェル
  • レブロン4位指名:ニコラ・ヨキッチ
  • ヤニス4位指名:ラウリ・マルカネン

リザーブ

  • ヤニス1位指名:デイミアン・リラード
  • レブロン1位指名:アンソニー・エドワーズ
  • ヤニス2位指名:ドリュー・ホリデー
  • レブロン2位指名:ジェイレン・ブラウン
  • ヤニス3位指名:シェイ・ギルジャス・アレクサンダー
  • レブロン3位指名:ポール・ジョージ
  • ヤニス4位指名:デマー・デローザン
  • レブロン4位指名:タイリース・ハリバートン
  • ヤニス5位指名:パスカル・シアカム
  • レブロン5位指名:ジュリアス・ランドル
  • ヤニス6位指名:バム・アデバヨ
  • レブロン6位指名:ディアロン・フォックス
  • ヤニス7位指名:ドマンタス・サボニス
  • レブロン7位指名:ジャレン・ジャクソンJr.

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【NBAオールスター2023MVP:ジェイソン・テイタム】

本名:ジェイソン・テイタム(Jayson Tatum)

【誕生日】1998年3月3日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】93kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】0番
【ポジション】スモールフォワード

  • NBAオールスターゲーム出場:2020
  • NBAスキルチャレンジ優勝:2019
  • オールNBAチーム
    • 3rdチーム : 2020
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2018
  • ACCオールサードチーム:2017
  • ジョーダン・ブランド・クラシック:2016
  • ナイキ・フープ・サミット:2016
  • マクドナルド・オール・アメリカン:2016
  • ゲータレード年間最優秀選手賞:2016

ジェイソンテイタムの生い立ちを見ていこうと思います。

ジェイソンテイタムは高校時代、チャミネード高校に在籍し、3年生の時には、全米屈指のオールラウンダーとして名を広めていきました。

高校卒業後はアメリカの名門デューク大学に進学を果たしました。進学後、足の怪我で出遅れはしたものの、スタメンに定着し1年間プレーしました。

ジェイソンテイタムはデューク大学にて1年間プレーをした後は、アーリーエントリーでNBA入団をを決意しました。

そしてNBAドラフト2017で全体3位指名を受けてセルティックスに入団を果たしました。

更に詳しくジェイソンテイタムについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1053 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*