【NBAニュース】NBAオールスター2023前夜祭の結果

年に一度のNBAの祭典である、第72回オールスターゲームが2023年2月19日に行われる前の前夜祭であるライジングスターチャレンジ、スキルチャレンジ、スリーポイントコンテスト、ダンクコンテスト、が開催されました。

それぞれの種目で勝利したチームや選手をご紹介します。

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

Contents

【NBAオールスター2023サタデーナイト】

Kiaスキルズチャレンジ

NBAオールスター2023、2日目となる19日(現地18日)は3つのイベントが行われるNBAオールスター・サタデーナイトが開催され、シュート、パス、ドリブルなどバスケットボールにおいて必要なスキルを競い合うKiaスキルズチャレンジが行われました。

今年はチーム・アデトクンボ、チーム・ジャズ、チーム・ルーキーが参戦しており、チーム・アデトクンボはヤニス・アデトクンボが負傷欠場となり、代わりにチームメイトのドリュー・ホリデーが出場となりました。

ラウンド1のリレー対決ではチーム・ルーキーが最速タイムとなる1分14秒を記録し、100チャレンジポイントを獲得。続くラウンド2のパス対決ではチーム・ジャズが88ポイントを記録し、100チャレンジポイントを獲得した。

最後のシューティング対決は、各チームなかなかショットを決められない低スコアな対決となったが、最後に出場したチーム・ジャズが13ポイントを獲得し、総合チャレンジポイントを300とし、スキルズチャレンジを優勝しました。

Starry 3ポイントコンテスト

NBAオールスター2023、2日目となる19日(現地18日)は3つのイベントが行われるNBAオールスター・サタデーナイトでリーグ屈指のシューターが集結したStarry 3ポイントコンテストが開催されました。

第1ラウンドはタイリース・ハリバートンがコンテスト記録に並ぶ31ポイントを記録。さらに26ポイントを記録したデイミアン・リラードと、23ポイントを記録したバディ・ヒールドが決勝ラウンドに進出しました。

決勝ラウンドでは、3ポイントの価値があるスターリー・レンジからの2本を両方とも決めたリラードが、26ポイントのスコアを獲得し、2023年の3ポイントコンテスト王者とりました。

【デイミアン・リラードのプロフィール】

本名:デイミアン・リラード(Damian Lillard)

【誕生日】1990年7月15日
【出身地】アメリカ合衆国 カリフォルニア州
【身長】191cm
【体重】88kg
【所属】ポートランド・トレイルブレイザーズ
【背番号】0番
【ポジション】ポイントガード

  • 6×NBAオールスターゲーム出場 : 2014, 2015, 2018-2021
  • 新人王 : 2013
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2013
  • 2×NBAスキルチャレンジ優勝 : 2013, 2014
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2018
    • 3×2ndチーム : 2016, 2019, 2020
    • 3rdチーム : 2014
  • オールアメリカンサードチーム – AP、NABC(英語版) : 2012
  • 2×ビッグスカイ年間最優秀選手(英語版) : 2010, 2012
  • ビッグスカイフレッシュマン・オブ・ザ・イヤー : 2009
  • 3×オールビッグスカイファーストチーム : 2019, 2010, 2012
  • No.1 ウィーバー州立大学永久欠番

AT&Tスラムダンク(ダンクコンテスト)

NBAオールスター2023、2日目となる19日(現地18日)は3つのイベントが行われるNBAオールスター・サタデーナイト最後のイベント、ダンクスキルの芸術点を競い合うスラムダンクコンテスト『AT&Tスラムダンク』でトレイ・マーフィー三世、ジェリコ・シムズ、KJ・マーティンJr.、マック・マクラングが参戦し、マック・マクラングが優勝しました。

【マック・マクラングのプロフィール】

Sixers' Mac McClung wins NBA Slam Dunk contest, captures all-time  performance

本名:マック・マクラング(Mac McClung)

【誕生日】1999年1月6日
【出身地】アメリカ
【身長】188cm
【体重】84kg
【所属】フィラデルフィア・76ers
【ポジション】PG

攻撃的PGのマック・マクラングは2021年のNBAドラフトで指名されなかったもももNBAサマーリーグでロサンゼルス・レイカーズの一員としてプレーし、2021年8月10日にレイカーズと契約しました]。その後ウスベイ・レイカーズと契約し、シカゴ・ブルズと10日契約を2回経験したうえで、再度サウスベイ・レイカーズに戻りGリーグでの新人王となっています。

おすすめ記事 →  意外と知らない!!ストレッチを効かせるための3つの方法

おすすめ記事 →  【ストレッチ】アメリカ代表から学ぶ!!試合前のストレッチ!

【NBAライジングスターズ2023】

2月18日(現地17日)にはリーグの若手選手が集結したJordanライジングスターズが開催されました。

レジェンド選手のパウ・ガソル、デロン・ウィリアムズ、ジョアキム・ノアがコーチとして参加し、それぞれのチームをドラフトし、さらにジェイソン・テリーが率いる、NBA Gリーグの有望選手が揃ったチームも参戦し4チームでのトーナメント形式でおこなわれました。

第1戦はチーム・パウとチーム・デロンが対戦し、ホセ・アルバラード(ニューオーリンズ・ペリカンズ)が13得点と活躍したチーム・パウが40-25で勝利し、決勝へと駒を進めました。

続く第2戦では、ジョシュ・ギディー(オクラホマシティ・サンダー)が6アシストと上手くオフェンスを回すなか、クエンティン・グライムズ(ニューヨーク・ニックス)が13得点と活躍。チーム・ジョアキムが40-32でチーム・ジェイソンに勝利し、決勝進出を決めました。

チーム・パウとチーム・ジョアキムによる決勝戦では、チーム・ジョアキムのクエンティン・グライムズが4本の3ポイントショットを決める13得点の大活躍を見せたものの、チーム・パウがバランスの取れたオフェンスで対抗し、最後はアルバラードが決勝3Pを沈め、チーム・パウが25-20で勝利し優勝しました。MVPは第1戦での活躍と、決勝戦での決勝3Pを決めたアルバラードが選出されました。

About 餅つきうさぎ 1277 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*