【NBAニュース】エドワーズ、フォックス、シアカムがNBAオールスター出場へ

2月19日(日本時間20日)にユタ州ソルトレイクシティで行われる2023NBAオールスターゲームに欠場する選手の代わりに、ミネソタ・ティンバーウルブズのガードのアンソニー・エドワーズ、サクラメント・キングスのガードのディアロン・フォックス、そしてトロント・ラプターズのフォワードのパスカル・シアカムが選出されたと2月10日(同11日)にNBAが発表しました。

この結果エドワーズとフォックスにとってはこれが初のNBAオールスター選出となり、シアカムにとっては2度目の選出となります。

上記3選手は、ゴールデンステイト・ウォリアーズのガードのステフィン・カリー(左上脛骨筋損傷)、フェニックス・サンズのフォワードのケビン・デュラント(左ひざの内側側副靱帯)、ニューオーリンズ・ペリカンズのフォワードのザイオン・ウィリアムソン(右ハムストリングの痛み)に代わってオールスターゲームに出場する形となります。

また欠場する3選手はいずれもスターター選手だったことから、リザーブに選ばれていた選手の中から、フィラデルフィア・76ersのセンターのジョエル・エンビード、ユタ・ジャズのフォワードのラウリ・マルケネン、メンフィス・グリズリーズのガードのジャ・モラントがスターターに選ばれています。

2020年NBAドラフト全体1位指名のエドワーズは、NBA3シーズン目で得点(24.7)、リバウンド(6.0)、アシスト(4.6)、スティール(1.66)、フィールドゴール成功率(46.4%)、3ポイントショット成功率(36.7%)で自己最多をマークしており、 通算スティール数(96)、出場時間(2099)ともにNBAトップとなっています。

-さらに詳しくアンソニー・エドワーズについて知りたい人はこちらをご確認ください。

フォックスはNBA6年目の今シーズン、1試合平均24.2得点、FG成功率は自己最多の50.4%、6.3アシスト、4.3リバウンドを記録しており、さらにクラッチシチュエーション(第4クォーターやオーバータイムの最後の5分間で試合の得点差が5点以内になる状況)でNBAトップの128得点をあげるなど勝負強さを誇っています。

-さらに詳しくディアロン・フォックスについて知りたい人はこちらをご確認ください。

シアカムは、NBA Gリーグ出身者として初めてNBAオールスターゲームに先発出場した2019-20シーズン以来のNBAオールスター出場となります。カメルーン出身のNBA7年目のベテランの彼は今シーズン、1試合平均で37.5分の出場(NBA最長)で、25.0得点(自己最多)、8.0リバウンド、6.2アシスト(自己最多)を記録しています。

-さらに詳しくパスカル・シアカムについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

Contents

【NBAオールスター2023出場選手】

イースタン・カンファレンス先発選手

P選手チーム選手順位ファン順位メディア順位スコア
Gカイリー・アービングネッツ1141.75
Gドノバン・ミッチェルキャバリアーズ2211.75
Fヤニス・アデトクンボバックス1121.25
Fケビン・デュラントネッツ2242.5
Fジェイソン・テイタムセルティックス4312.75

イースタン・カンファレンスリザーブメンバー

  • バム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)
  • ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティックス)
  • デマー・デローザン(シカゴ・ブルズ)
  • ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)
  • タイリース・ハリバートン(インディアナ・ペイサーズ)
  • ドリュー・ホリデー(ミルウォーキー・バックス)
  • ジュリアス・ランドル(ニューヨーク・ニックス)

ウェスタン・カンファレンス先発選手

P選手チーム選手順位ファン順位メディア順位スコア
Gステフィン・カリーウォリアーズ2121.5
Gルカ・ドンチッチマーベリックス1211.5
Fレブロン・ジェームズレイカーズ2121.5
Fニコラ・ヨキッチナゲッツ1211.5
Fザイオン・ウィリアムソンペリカンズ3443.75

ウェスタン・カンファレンスリザーブメンバー

  • ポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)
  • シェイ・ギルジャス・アレクサンダー(オクラホマシティ・サンダー)
  • ジャレン・ジャクソンJr.(メンフィス・グリズリーズ)
  • デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
  • ラウリ・マルカネン(ユタ・ジャズ)
  • ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)
  • ドマンタス・サボニス(サクラメント・キングス)

NBAオールスター2023 日程

2月17日(日本時間18日)

  • セレブリティーゲーム
  • ライジングスターズチャレンジ

2月18日(日本時間19日)

  • HBCUクラシック
  • スキルズチャレンジ
  • 3ポイントコンテスト
  • スラムダンクコンテスト

2月19日(日本時間20日)

  • NBA Gリーグ・ネクストアップゲーム
  • NBAオールスターゲーム2023

オールスターゲーム形式

最初の3クォーター:最初の3クォーターは「チーム・レブロン」と「チーム・ヤニス」がそれぞれの団体への寄付を目指して競う。各クォーターともスコアは0-0で開始。12分間でより多くの得点をあげたチームが各クォーターの勝利チームとなる。

第4クォーター(ファイナル・ターゲットスコア):第4Qになると試合のクロックはなくなり、「ファイナル・ターゲットスコア」(最終目標得点)が設定される。第3Q終了時点の合計得点でリードしているチームの得点数に24点を加えた得点がファイナル・ターゲットスコアとなる。例えば、リードしているチームが第3Q終了時点で100得点だった場合、ファイナル・ターゲットスコアは124得点だ。

時間無制限の第4Qで先にファイナル・ターゲットスコアを達成したチームがオールスターゲームの勝者となる。つまり、オールスターゲームはフィールドゴールかフリースローが決まった時点での終了することとなる。

About 餅つきうさぎ 1250 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*