【NBAニュース】NBAがジャ・モラントに25試合の出場停止処分を決定

NBAは6月16日(日本時間17日)、リーグに有害な行為を働いたとして、メンフィス・グリズリーズのジャ・モラントに、無給での25試合の出場停止処分を科したことを発表しました。

処分はすぐに適用され、2023-2024シーズンのレギュラーシーズン最初の25試合で有効。モラントは復帰までに一定の条件を満たす必要もあるともされています。また、停止期間中はプレシーズンマッチを含め、リーグやチームの公的活動に参加できないことになっています。

モラントは3月にもソーシャルメディアでの動画で武器を見せたことにより、8試合の出場停止処分を科されており、ここ3か月で2回目の処分となります。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、公式リリースの中で、「3月に同様の行為ですでに8試合の処分を科されていたことを考えれば、再びソーシャルメディアで武器を振りかざすというモラントの決断は、憂慮すべきであり、当惑させられます」と話しています。

「特に懸念されるのは、ジャの振る舞いをほかの若者がまねしようとする可能性です。こういった状況下で、25試合の出場停止処分は適切であり、銃に関する向こう見ずで無責任な行動は決して容認されないことを明確にすると考えます」。

モラントは2023-2024シーズンに3350万ドル(約47億5700万円/1ドル=142円換算)のサラリーを手にする予定でしたが、処分期間中に1試合あたり30万ドル(約4億2600万円)、合計で約750万ドル(約10億6500万円)を失うことになります。

モラントは先月、友人のインスタグラムの生配信中に武器と思われるものを手にし、NBAが調査に乗り出していました。NBAの処分を前に、グリズリーズはすでにモラントにあらゆるチーム活動からの停止処分を科しています。

モラントは6月16日(同17日)、「振り返ってみて、自分がどれだけ傷つけたのかを理解しました。NBA、グリズリーズ、チームメイトたち、メンフィスの街に謝りたい」と、公式リリースで謝罪した。モラントは多方面に謝罪した上で、「もっと良くなると約束します」と述べています。

「オフシーズンと処分期間に、自分のメンタルヘルスの問題や判断力の改善に取り組みます。コートに戻った時に準備を整えておけるように、トレーニングも行っていきます。チームメイトたちが踏ん張ってくれると知っています。シーズンの最初に一緒にいられないことを申し訳なく思います」

「これまで見せてきたよりも良い人間であることを、これから証明していく機会を与えていただければ幸いです」と答えています。

NBAは、5月13日(同14日)、モラントがメンフィスでの集会後に複数名と車に乗っていた際、意図的かつ目立つように銃を示したと把握しており、以前処分された行為を繰り返さないとNBAや公式リリースで約束したにもかかわらず、録画され、インスタグラムで生配信されていると知りながら武器をひけらかしたとしています。

シルバーは「今回はジャにとってバスケットボールを二の次とする必要があります」と述べており、

「プレイに復帰する前に、彼はこういった破壊的行為を行うに至った状況を直接解決するためのプログラムをリーグと考え、実行していくことが必要となります」

7月1日(同2日)から発効となる新労使協定では、個人賞の受賞に65試合の出場が必要とされており、モラントは今回の処分により、MVPやオールNBAチーム選出など、個人表彰の対象外となります。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版

【ジャ・モラントのプロフィール】

本名: ジャモラント(Ja Morant)

【誕生日】1999年8月10日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】79kg
【所属】マレー州立大学
【背番号】12番
【ポジション】ポイントガード

  • NBAオールスター (2022)
  • オールNBAセカンドチーム (2022)
  • NBA最成長選手賞 (2022)
  • NBA新人王 (2020)
  • NBAオールルーキー・ファーストチーム (2020)
  • オールアメリカン・コンセンサスファーストチーム (2019)
  • NCAAシーズンアシスト王 (2019)
  • ルート・オルソン賞 (2019)
  • ボブ・クージー賞 (2019)
  • OVC年間最優秀選手 (2019)
  • 2× オールOVCファーストチーム (2018, 2019)
  • OVCトーナメントMVP (2019)
  • OVCオールニューカマーチーム (2018)
  • No.12 マレーステート・レーサーズ永久欠番

父親がプロのバスケットボール選手でもあったジャモラント。父親が高校時代には、NBA界のレジェンドことレイアレンとチームメイトでもあったそうなんです。

そんな父親の元で育ったジャモラントは、幼少期からバスケットボールをする環境があり、自宅の裏庭で父親と日々練習を重ねていました。

ジャモラントは、幼いころからポイントガードのポジションをこなしており、よくNBAではレイジョンロンドやラッセルウエストブルックのプレーを見て勉強していたとのことです。

地元でもあるサウスカロライナ州の高校に進学したジャモラントは、主力選手として活躍。攻撃力のあるポイントガードとして試合に出場していました。しかし、高校時代には大きな華が咲くことはなく、大学からのスカウトも多くはありませんでした。

ジャモラントが高校卒業後に選んだ進学先はマレー州立大学。NCAAディビジョン1で戦っている大学になります。進学後、高校時代とは打って変わり、今まで以上の活躍でチームの中心選手として活躍することになったのです。

更に詳しくにジャ・モラントついて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1273 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*