【NBAニュース】NBAファンが選んだ2023-2024シーズンお気に入りの瞬間が発表

NBAは5月24日(日本時間25日)、NBAアプリ、NBA.com、@NBAのソーシャルメディアを通じたNBA IDメンバーの投票による2023-2024シーズンのレギュラーシーズンのNBAファンお気に入りの瞬間を発表しました。その中でアンソニー・エドワードが3冠を達成しました。

Contents

最優秀ダンク:アンソニー・エドワーズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)

このダンクがインターネットを賑わせたときのことを覚えているだろうか?最優秀ダンクの栄冠は、ジョン・コリンズの上から見事なダンクを叩き込んだアント(エドワーズの愛称)が手にした。

最優秀ブロック:アンソニー・エドワーズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)

オフェンスでのジャンプ力だけでなく、エドワーズはリムも全力で守る。インディアナ・ペイサーズ戦で重力などものともしないブロックを決めるアントマン(エドワーズの愛称)は要チェックだ。

最優秀アシスト:デマー・デローザン(シカゴ・ブルズ)

デマー・デローザンはミルウォーキー・バックス戦で、ドライブしながら華麗にジャンプスピンを決めてコビー・ホワイトにキックアウトし、3ポイントショットをお膳立てした。簡単そうにやっているが、一体どうやったのか思わず何度も見てしまうだろう。

最優秀ハンドリング:カイリー・アービング(ダラス・マーベリックス)

2011年にNBAに入って以来、カイリーがバスケットボールを操る魔術師であることは彼のレガシーの一部となっている。アメリカン・エアラインズ・センター(マブスのホーム)の観衆を前にしたこのプレイも彼のドリブルの素晴らしさを示す一例にすぎない。

最優秀フォト:アンソニー・エドワーズ(by Melissa Majchrzak)

Melissa Majchrzakは、アンソニー・エドワーズがダンクを決め、視聴者を熱狂の渦に巻き込んだ瞬間を完璧に捉えている。

最優秀スタイル:シェイ・ギルジャス・アレクサンダー(オクラホマシティ・サンダー)

MVPの最終候補になったシェイ・ギルジャス・アレクサンダーは、コート上で波紋を広げただけでなくロッカールームに続くトンネルでもトレンドを生み出している。ギルジャス・アレクサンダーが自身の飛躍的なシーズンに『最優秀スタイル』を受賞したのはそれが理由だ。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【アンソニーエドワーズのプロフィール】

本名:アンソニー・エドワーズ(Anthony Edwards)

【誕生日】2001年8月5日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】102kg
【所属】HSP高校 → ジョージア大学
【ポジション】シューティングガード

アンソニーエドワーズは、ジョージア州アトランタで育った選手です。

幼少期にはアメリカンフットボールを中心にプレーしていました。主にランニングバックやクォーターバック、コーナーバックでプレー経験があります。

10歳の頃には、国内で最高クラスのランニングバックとして有名な選手へと成長も遂げているんです。

しかし、アンソニーエドワーズは兄弟がバスケットボールをプレーしており、そのプレーを見ていたところ、アメリカンフットボールよりも楽しそうに見えたのもきっかけに中学生の頃にバスケットボールへの転向を決めました。

バスケットボールに転向すると、アメリカンフットボールでの運動能力をそのままバスケットボールに活かし、チームの中心選手へと成長。2019年のマクドナルドオールアメリカンやジョーダンブランドクラシックへと選出。全米でも有名な選手へとなっていきました。

高校卒業後はジョージア大学へと進学。ジョージア大学にてヘッドコーチを務めてるのは、トムクリーンです。トムクリーンは、マーケット大学の頃にはドウェインウェイドを育て、インディアナ大学ではビクターオラディポを育て上げています。

さらに詳しく、アンソニー・エドワードについて知りたい人はこちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1309 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*