【Bリーグ|NEWS】渋谷のベンドラメ礼生がBリーグ個人通算500スティールを達成

2023年3月19日に行われたBリーグのサンロッカーズ渋谷vsアルバルク東京の一戦において、サンロッカーズ渋谷所属のベンドラメ礼生がBリーグ個人通算500スティールを達成しました。

試合に関しては54-67で敗れてはしまいましたが、ベンドラメ礼生自身、22分間の出場で5得点・2リバウンド・2アシスト・1スティールというスタッツを残しています。

個人通算で500スティールはマイケルパーカーに次いでBリーグ史上2人目の快挙となっています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【ベンドラメ礼生選手のプロフィール】

本名:ベンドラメ礼生(べんどらめ れお)

【誕生日】1993年11月14日
【出身地】福岡県
【身長】183cm
【体重】83kg
【出身校】延岡学園高校 → 東海大学
【所属】サンロッカーズ渋谷
【背番号】9番
【ポジション】ポイントガード

ベンドラメ礼生選手は、ブラジル人の父親と日本人の母親との間に産まれました。

九州の名門・延岡学園高校に進学し、1年生の頃からベンチりを果たしていました。3年時には1998年の能代工業高校以来となる高校3冠を達成しました。インターハイ・国体・ウィンターカップの高校3大タイトルの優勝を高校3冠と言います。ベンドラメ礼生選手自身、3年時のウィンターカップではベスト5に選出されました。

高校卒業後には関東にある東海大学へと進学を果たします。1年生の頃より主力として出場しており、4年連続でインカレの決勝戦進出に貢献しています。インカレでは2012年にアシスト王を受賞し、2014年に優秀選手賞、2015年に敢闘賞に輝いています。

2016年1月に日立サンロッカーズ東京(現在のサンロッカーズ渋谷)にアーリーエントリー選手として入団を果たしました。そして、Bリーグが発足した初年度、Bリーグの初代新人王を獲得し、トップクラスのプレイヤーの仲間入りを果たすこととなります。

2016年には、日本代表候補重点強化選手に選出されました。その後も、実力を兼ね備えていき、2017年にU-24日本代表選出・日本代表候補に選ばれました。

2019年にはFIBAバスケットボールワールドカップ2019のアジア地区予選で見事、日本代表入りを経験しています。また、2021年に行われた東京五輪では日本代表としてオリンピック出場も果たした選手となっています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

About モンキー 1004 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*