今さら聞けない!エア・ジョーダンのバッシュ情報まとめ【シリーズ10〜12】

こんにちは!

シェルです!

 

前回は、について特集しました!

ご好評いただいているこのシリーズ、今回も引き続きエア・ジョーダンシリーズのバッシュ情報についてまとめていきますね!

 

おすすめ記事→今さら聞けない!エアジョーダンのバッシュまとめ【シリーズ1〜3】

おすすめ記事→今さら聞けない!エア・ジョーダンのバッシュ情報まとめ【シリーズ4〜6】

おすすめ記事→今さら聞けない!エア・ジョーダンのバッシュ情報まとめ【シリーズ7〜9】

 

 

【そもそもジョーダンって誰?】

もしかしたら読者さんの中にも、マイケル・ジョーダンのことを知らない人もいるかもしれませんので、マイケル・ジョーダンという人物についてご紹介していきますね( ´ ▽ ` )ノ

本名:マイケル・ジョーダン (Michael Jordan)

【誕生日】1963年2月17日

【出身地】アメリカ合衆国

【身長】198cm

【体重】99kg

【所属】

  • シカゴ・ブルズ
  • ワシントン・ウィザーズ

【ポジション】SG

【背番号】23、45番

 

マイケル・ジョーダンは電気技術者の父親と、銀行出向の母親の3男としてニューヨーク州のブルックリンで生まれました。その後ノースカロライナで幼少期を過ごし、地元の高校に進学しました。

高校入学時はバスケットボールに入れずに挫折した経験もあったが、2年生の時に念願のチーム加入を果たしました。そこから歴史は始まりました。高校卒業にはノースカロライナ大学に進学し、NCAAトーナメントでのウィニングショットと決めるなど、1年生からその非凡なの勝負強さを発揮し、2年生の時にはチームの柱として活躍し全米ジュニア選抜にもなりました。3年次の時にはネイスミス賞とウッデン賞を受賞をし、1984年にNBAへアーリーエントリーを行い全体3位でシカゴブルズから指名を受けてNBA選手となりました。

高校生の時には挫折を経験しながらも、それをバネに成功を収めていったマイケル・ジョーダン、果たしてマイケル・ジョーダン選手とはどんな選手なのでしょうか?

マイケル・ジョーダン選手の記録とともに振り返ってみましょう。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

マイケル・ジョーダンの記録

  • 6×NBAチャンピオン : 1991~1993, 1996~1998
  • 6×NBAファイナルMVP : 1991~1993, 1996~1998
  • 5×MVP : 1988, 1991, 1992, 1996, 1998
  • NBA最優秀守備選手賞 : 1988
  • 10×得点王 : 1987~1993, 1996~1998
  • 3×スティール王 : 1988, 1990, 1993
  • 14×NBAオールスターゲーム出場 : 1985~1993, 1996~1998, 2002, 2003
  • 3×NBAオールスターゲームMVP : 1988, 1996, 1998
  • 2×NBAスラムダンクコンテスト優勝 : 1987, 1988
  • オールNBAチーム
    • 10×1stチーム : 1987~1993, 1996~1998
    • 2ndチーム : 1985
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 9×1stチーム : 1988~1993, 1996~1998
  • 新人王 : 1985
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 1985
  • NBA50周年記念オールタイムチーム : 1996
  • No.23 シカゴ・ブルズ永久欠番
  • No.23 マイアミ・ヒート永久欠番
  • No.23 ノースカロライナ大学永久欠番
  • 2×USAバスケットボール男子年間最優秀選手:1983, 1984
  • NCAAチャンピオン : 1982

 

マイケル・ジョーダンは入団時からレギュラーとなり1年目には平均得点でリーグ上位のポイントであった28.2ポイントを記録するなど周囲を大きくわかせた。そして3年目にはその才能を完全に開花させ、リーグトップの一試合平均37.1得点をたたき出し、シーズン総得点は3,000点を超えウィルト・チェンバレン以来の数字を残す偉業を成し遂げました。

1990-91年シーズンまではボストン・セルティックス、デトロイト・ピストンズと競合になかなか勝てなく、苦戦することが多かったシカゴ・ブルズでしたがフィルジャクソンの采配とチームの成長によりこの年に初めて宿敵デトロイト・ピストンズをスイープしてNBAチャンピオンシップに駒を進めました。NBAファイナルでは当時のスーパースター、マジック・ジョンソンが率いるロサンゼルス・レイカーズとの対戦となりました。新旧スーパースター対決となったこのシリーズを、シカゴ・ブルズは4勝1敗で勝利し初優勝を果たし、マイケル・ジョーダンは初のNBAファイナルMVPを受賞しました。そしてここから伝説が幕を開けました。

その翌年もその次の年もシカゴ・ブルズはNBAチャンピオンとなり、1960年代にボストン・セルティックス以来の「スリービート」を達成しました。マイケル・ジョーダンは「スリービート」を達成した年のオフにNBAを早期引退を表明し一旦NBAから姿を消しました。そしてそこで、昔からのもう一つの夢でもあったMLB(メジャーリーグ)に挑戦をしました。1995年にはその後NBA復帰をする形にはなりましたが、ほかの選手では考えられないような行動をマイケル・ジョーダンはしてのけました。

1995年3月に再びシカゴ・ブルズに復帰をし、シーズン末の17試合に出場しました。プレーオフには出たものの、プレー感覚を戻し切れていなかったマイケル・ジョーダンのミスなどでチームは敗退しました。しかしその後伝説が再度現れることになりました。

1995-96年シーズンにシカゴ・ブルズは快進撃を続け、マイケル・ジョーダン自身も8度目の得点王に輝くなど完璧なカムバックを果たし、その勢いそのままにリーグ制覇をしました。そしてマイケル・ジョーダンも再度ファイナルMVPに輝きました。そして、1996-97年シーズンにもファイナルMVPを受賞し、チームもNBA2冠を達成しました。ここまでの合計でマイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズのNBAの優勝回数は5回と怪物的な数をたたき出しました。

そしてNBA前人未到の2回目の3連覇に挑んだマイケル・ジョーダンは1997-98年シーズンも決勝点のシュートを決めるなど活躍をしました。そしてブルズに6度目の優勝と2回目の「スリービート」を残し、同年のシーズン終了後であった1999年1月13日に2回目となる引退を表明しました。

その後2001年に低迷を続けるワシントン・ウィザーズのために2度目の現役復帰を果たし、NBAオールスターにも登場するなどしました。40歳でも40得点を決めるなど、年を重ねながらもプレーをし、2003年に3度目となる引退をしました。

 

3度の現役引退、そして2度のNBA復帰をしたマイケル・ジョーダン。皆さんはご存知でしたか?

そんなマイケル・ジョーダンのプレーを支えてきた、バッシュについてご紹介していきますね。

 

 

【エア・ジョーダンって何?】

このマークを知っている人はいますか?

もしこのマークを知っていたら、あなたはかなりエアジョーダン通ということになりますよ。

というのも、このマークこそ、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデル、「エアジョーダン」が出始めたときのロゴなんですよね。

その後、ジャンプマンというこちらのロゴ↓に切り替わってしまったため、伝説のロゴとなりました。

 

現在のNBAでは、クリス・ポール、ポール・ジョージ、ウェストブルック、レブロン・ジェームズなどなど、たくさんの選手のシグネチャーモデルが出ています。

様々なシグネチャーモデルが排出される流れを作ったのは、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデル、「エアジョーダン」なんですね。

つまり、このロゴこそが、NBAの歴史を新たに作った象徴なのです。

 

では、そんなNBAの歴史すら変えてしまった「エアジョーダン」シリーズ。

一体どんなものがあるのでしょうか?

今日は、エアジョーダンシリーズの4〜6の特集です。

 

おすすめ記事→【NBA選手名鑑】ハッピーバースデー!“バスケの神様”〜マイケル・ジョーダン〜

 

 

【エア・ジョーダン10:AIR JORDAN Ⅹ】

【reference=http://www.flysdunk.com/2012Aj10nikeairjordan10retro10-p-3884.html】

前回に続いて10個目にご紹介する、エア・ジョーダンシリーズのバッシュは「AIR JORDAN Ⅹ」です。

「AIR JORDAN Ⅹ」は、1994年に発売されたモデルです。

こちらのシリーズは、マイケル・ジョーダンが引退後に発売されたモデルであることと、シリーズで10作目ということもあり、記念モデルとしても作られています。

その証拠に、ソールには10本の赤いストライプで、マイケル・ジョーダンが挙げてきた様々な記録が刻印されています。

 

その10個の記録とは、こちらのことです。

  • 1985年.新人王を獲得
  • 1986年.プレイオフ最多記録を更新(63得点)
  • 1987年.得点王を獲得
  • 1988年.スラムダンクコンテストでチャンピオンを獲得
  • 1989年.オールディフェンスチームに選出される
  • 1990年.自己最多得点記録を更新(69得点)
  • 1991年.NBAファイナル優勝と、MVPを獲得
  • 1992年.NBAファイナル優勝と、MVPを獲得
  • 1993年.NBAファイナル優勝と、MVPを獲得
  • 1994年.BEYOND

BEYONDとは、これからという意味なのですが、意図してか偶然か、まさにこの言葉通りになりましたね。

マイケル・ジョーダンは1995年にNBAへ現役復帰し、「AIR JORDAN Ⅹ」を履いて、再びNBAのコートに立つのです。

色々な意味で、「AIR JORDAN Ⅹ」はマイケル・ジョーダンの節目を飾るエア・ジョーダンのモデルとなりましたね。

 

 

【エア・ジョーダン11:AIR JORDAN Ⅺ】

続いて11個目にご紹介する、エア・ジョーダンシリーズのバッシュは「AIR JORDAN Ⅺ」です。

「AIR JORDAN Ⅺ」は、マイケル・ジョーダンが「フォーマルなシンプルなバッシュが欲しい」というリクエストを認め、それに応えたシリーズになります。

これまでは、レザーが使われることが多かったのですが、「AIR JORDAN Ⅺ」ではエナメルを採用されます。

この斬新なデザインが、ストリート界隈を中心に支持を受けます。

あまりにも人気すぎたがために、「AIR JORDAN Ⅺ」の復刻版が発売された時には、「AIR JORDAN Ⅺ」を巡った喧嘩による逮捕者まで出たのだとか^^;

このモデルは日本でも人気があり、日本のスニーカーブームを作る一作となりました。

 

「AIR JORDAN Ⅺ」を履いたマイケル・ジョーダンは、1995−96シーズンではファイナルを優勝します。

チームにはデニス・ロッドマンを迎い入れ、見事にチームにマッチします。

このシーズンでは、当時のシーズン最多勝利数である72勝10敗という、超圧倒的な記録でシーズンを終えました。

 

おすすめ記事→桜木花道のモデルになった選手、デニスロッドマンの凄すぎる3つの特徴

 

 

【エア・ジョーダン12:AIR JORDAN Ⅻ】

続いて12個目にご紹介する、エア・ジョーダンシリーズのバッシュは「AIR JORDAN Ⅻ」です。

「AIR JORDAN Ⅻ」は、1996年に発売されたエア・ジョーダンのバッシュです。

この「AIR JORDAN Ⅻ」は、一枚の革で作られたアッパーに、旭日旗をイメージして作られた何本もの刺繍、ソールを補強するかのような位置付けでつま先まで伸びる、補強がされているデザインが特徴的です。

 

「AIR JORDAN Ⅻ」では、「エア・ズーム」という新しいエアが搭載されており、非常に薄くて反発性が高く、マイケル・ジョーダンが望む“素足に近い感覚で履くバッシュ”に、より一層近づいたモデルです。

そのため、チャールス・バークレーやロン・ハーパーなどの多くのNBAプレイヤーが着用したバッシュのモデルになりました。

 

「AIR JORDAN Ⅻ」を履いたマイケル・ジョーダンは、NBAファイナルではジョン・ストックトンとカール・マローンが所属するユタ・ジャズと対戦することとなります。

この時の有名なエピソードが、マイケル・ジョーダンが体調不良の中38得点を獲得するという、ハイパフォーマンスを発揮します。

しかしその後、限界がきたのか試合の最後には、マイケル・ジョーダンの相棒であるスコッティ・ぴっペンに支えられながら、コートを去るのです。

【reference=https://jp.pinterest.com/explore/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3/】

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

【そもそもジョーダンって誰?】
【エア・ジョーダンって何?】
【エア・ジョーダン10:AIR JORDAN Ⅹ】
【エア・ジョーダン11:AIR JORDAN Ⅺ】
【エア・ジョーダン12:AIR JORDAN Ⅻ】

エア・ジョーダンシリーズの10〜12は、マイケル・ジョーダンの様々な変化を支えるバッシュのモデルになりましたね。

次回以降の、エア・ジョーダンシリーズの特集も楽しみにしていてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

おすすめ記事→今さら聞けない!エアジョーダンのバッシュまとめ【シリーズ1〜3】

おすすめ記事→今さら聞けない!エア・ジョーダンのバッシュ情報まとめ【シリーズ4〜6】

おすすめ記事→今さら聞けない!エア・ジョーダンのバッシュ情報まとめ【シリーズ7〜9】

シェル
About シェル 236 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*