バスケで試合に勝つためのスモールフォワードの動き方

こんにちは!シェルです!

この記事では、バスケで試合に勝つためのスモールフォワードの動き方について解説していきます。

【バスケで試合に勝つためのスモールフォワードの動き方】

それでは早速、バスケで試合に勝つためのスモールフォワードの動き方についてみていきましょう。

【スモールフォワードの動き方1:45度でボールをもらう】

まず1つ目にご紹介する、スモールフォワードの動き方は「45度でボールをもらう」です。

スモールフォワードの基本的なポジションは、3Pライン付近の、45度の位置です。そこでボールを受け、シュートを狙っていきます。

シュートを狙う方法は、3Pシュートでも、ミドルシュートでも、ドライブでも、なんでもOKです。

とにかく積極的にシュートを狙っていきましょう。

【スモールフォワードの動き方2:スクリーンを使ってボールをもらう】

続いて2つ目にご紹介する、スモールフォワードの動き方は「スクリーンを使ってボールをもらう」です。

スクリーンプレーとは、インサイドプレーヤーが壁となってディフェンスの動きを封じ、スモールフォワードが自由に動けるようになるプレーのことです。

特に現代のバスケでは、スクリーンプレーを行わないチームは存在しないぐらいに、重要な要素となっています。

スクリーンプレーについては、この記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

【スモールフォワードの動き方3:空いたスペースに飛び込む】

続いて3つ目にご紹介する、スモールフォワードの動き方は「空いたスペースに飛び込む」です。

ここまでで、スモールフォワードの“ボールを持った時”の動き方について解説してきましたが、ボールを持っていないときの動き方も重要です。

空いたスペースは、コート上にたくさんあります。

ボールを持たない時間帯では、空いたスペースに走り込み、ボールをもらったらすぐにシュートを打てる位置を狙っていきましょう。

この飛び込みは、シュートを狙っていく上で非常に重要な動きとなります。

【スモールフォワードの動き方4:リバウンドに飛び込む】

続いて4つ目にご紹介する、スモールフォワードの動き方は「リバウンドに飛び込む」です。

スモールフォワードの選手は、オフェンスの際は積極的にリバウンドに飛び込みましょう。

リバウンドで勝つときの1番のポイントは、実は高さよりも、どこにいるかです。

敵のいないスペースに入りこみ、リバウンドを狙っていくと、案外オフェンスリバウンドが取れます。

ぜひ意識してみてくださいね。

リバウンドを強化したい選手は、こちらの記事も併せてご覧ください。

【スモールフォワードの動き方5:速攻に積極的に参加する】

続いて5つ目にご紹介する、スモールフォワードの動き方は「速攻に積極的に参加する」です。

スモールフォワードの選手は、速攻に積極的に参加しましよう。

速攻で一番前を走ることができる選手は、スモールフォワードの選手です。

ぜひ最前線を走り、どんどんシュートを決めていきましょうl。

【まとめ】

いかがでしたか?

スモールフォワードの選手は、ぜひこの記事で書かれている動き方を意識して、チームの勝利に貢献していきましょう。

シェル
About シェル 307 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*