【NBAドラフト2022|チェット・ホルムグレン】次世代の7フッターインサイドが兼ね備える魅力3選

【reference=https://www.insightnews.com/news/chet-holmgren-a-legend-in-the-making/article_eb1a23c4-d8a6-11eb-916b-b7632f8b3d6a.html】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2022候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・チェットホルムグレンです。

7フッター(213cm)の長身を持ちながらも俊敏性や高いテクニックを兼ね備えているインサイドプレイヤーの呼び声が高いチェットホルムグレン。2021年にラトビアにて行われたU-19ワールドカップではアメリカ代表の優勝にも貢献している選手です。

そんなNBAドラフト2022候補に挙がっている、チェットホルムグレンを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【チェットホルムグレンのプロフィール】

【reference=https://twitter.com/zagmbb/status/1406355607615987712】

本名:チェット・ホルムグレン(Chet Holmgren)

【誕生日】2002年05月01日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】213cm
【体重】88kg
【所属】ゴンザガ大学
【ポジション】センター

チェットホルムグレンはアメリカ合衆国ミネソタ州で育ったバスケットボール選手です。

地元のミネソタ州にあるミネハハアカデミーに進学しており、1学年上にはゴンザ大学からNBA入りを果たしているジェイレンサグスが所属していました。

※ジェイレンサグスに関する記事はこちら→http://hoops-japan.com/baske-ball-nba-draft-jalensuggs-20210101/

チェットホルムグレンはミネハハアカデミー入学時点で身長188cmありましたが、その後の3年間で約17cmほど伸びたとのことです(身長205cm)。入学した1年目はシーズン平均で6.2得点・3.0リバウンドの成績でチームに貢献して、州大会の連覇を達成しています。次の2年目のシーズンには更に成績を伸ばし1試合平均で18.6得点・11.0バウンドのスタッツを残しています。チームとしても州大会3連覇を達成しました。

シーズン終了後に、別の主催者が開催したトーナメントにおいてもMVPを受賞しています。このトーナメントでの高い評価もあり、多くのNCAAの大学から注目を集めていくようになっていきました。

2019年8月には、ステフィンカリー主催のトレーニングキャンプへと参加しました。このキャンプにはジェイレンサグスも参加しています。このキャンプ内で行われたピックアップゲーム内でステフィンカリーと対戦して、クロスオーバーを含む多彩なハンドリングスキルから抜き去ってダンクシュートを決めています。

この当時の動画が全米でも話題となり、ステフィンカリー自身からも称賛の声が挙がったそうです(この時の動画はこちら→ https://youtu.be/vs3VUmYvvxU )

3年目のシーズンには1試合平均14.3得点のスタッツを残しました。チームも25勝3敗と好成績を収めています。翌年の4年目のシーズンにはチームの4度目の優勝に貢献。チェットホルムグレン自身もネイスミス年間最優秀選手賞、モーガン・ウッテン年間最優秀選手賞を受賞し、マクドナルドオールアメリカンへの選出もされています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【チェットホルムグレンの魅力】

NBAドラフト2022において指名候補として名前が挙がっているチェットホルムグレン。

ここからは、チェットホルムグレンの魅力について紹介していきたいと思います。

チェットホルムグレンのハイライト動画も添付しています。動画を参考の上、魅力についても確認してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『チェットホルムグレンの魅力①:7フッターが兼ね備える俊敏性』

【reference=https://fansided.com/2021/04/03/gonzaga-basketball-chet-holmgren-rumors/】

チェットホルムグレンの1つ目の魅力は、「俊敏性」です。

冒頭にも取り上げていますが、チェットホルムグレンは7フッターの長身を兼ね備えるインサイドプレイヤーとなっています。7フッターとは、日本の数値で表すと213cmになります。

213cmの身長ながらもガード陣並みの俊敏を備えているというのがチェットホルムグレンの魅力として取り上げたい部分です。現代のバスケットボールでは2mを超える身長を持った選手でもガードのような動きやプレーをしているのが印象的です。ルカドンチッチ(PG)やケビンデュラント(SF)など。

チェットホルムグレンもその1人となってくる選手と言えるのではないでしょうか。ガード陣並みの動きができる213cm。これはバスケットボールの中でも驚異的な選手だと考えられますね。スラムダンクに考えると、山王工業高校の河田美紀男が湘北高校の流川楓の動きができると言ったところでしょうか。

そう考えると恐ろしいことだと思います・・・。このような選手(7フッター超えながらもガードの俊敏性を持つ選手)が増えてくることでしょう。

以上の理由から、チェットホルムグレンの魅力として「俊敏性」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『チェットホルムグレンの魅力②:高いハンドリング力』

【reference=https://www.si.com/college/recruiting/basketball/chet-holmgren-si99-no-1-player-minnehaha-academy-si-all-american】

チェットホルムグレンの2つ目の魅力は、「ハンドリング力」です。

俊敏性に加えて高いハンドリングを兼ね備えているのがチェットホルムグレンの魅力です。

プロフィール内にも記載していますが、ステフィンカリー主催のトレーニングキャンプにてステフィンカリー本人を抜き去るドリブルテクニックを持っています。インサイドプレイヤーであれば高さやポストプレーで相手を翻弄するところですが、チェットホルムグレンに関してポイントガードのステフィンカリーをハンドリングの技で抜き去るというテクニックを披露しています。

このドライブにはステフィンカリー本人も称賛の声を挙げているほどです。

インサイドプレイヤーで高いハンドリング技術を持っている選手はNBAでも増えてきており、アンソニーデイビスなどが似たような選手となっているでしょうか。今後もハンドリングスキルは向上してくると考えられますね。

以上の理由から、チェットホルムグレンの魅力として「ハンドリング力」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

『チェットホルムグレンの魅力③:優れたショットブロッカー』

【reference=https://bleacherreport.com/articles/2896523-college-basketball-recruiting-2020-predictions-for-chet-holmgren-top-prospects】

チェットホルムグレンの最後に紹介する魅力は、「ブロック」です。

チェットホルムグレンは7フッター(身長213)に加えて驚異的なウィングスパンも持っている選手です。そのウィングスパンは229cm。身長を更に10cm以上上回るウィングスパンを兼ね備えています。

リバウンド面においても身長・ウィングスパンは有効となってきますが、チェットホルムグレンのウィングスパンが活かされるのはブロックになると考えられます。相手にドリブルで抜かれてからでも間に合うことができる俊敏性を持っているため、優れたショットブロッカーと言えます。

相手選手がインサイドプレイヤーであっても、ガードプレイヤーであってもブロックで相手のシュートを止めることができる選手はチームにとっても非常に頼もしい存在なのは間違いないでしょう。俊敏性とウィングスパンを最大限に活かしたブロックショットは必見です。

以上の理由から、チェットホルムグレンの魅力として「ブロック」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【チェットホルムグレンの今後】

【reference=https://www.insightnews.com/news/chet-holmgren-a-legend-in-the-making/article_eb1a23c4-d8a6-11eb-916b-b7632f8b3d6a.html】

ここまで、チェットホルムグレンの魅力を紹介してきました。

7フッター(213cm)の長身ながらも、ガード並みの俊敏性やハンドリングスキルを兼ね備えているチェットホルムグレン。他のインサイドプレイヤーと比較して上回っている部分もありますが、反対にこれから必要となってくる能力もあります。その部分がフィジカルです。

身長に対して体重が88kgと軽いというのも挙げられます。今後のフィジカルトレーニングなどで十分成長できる部分ではありますので、どのように進化を遂げてくるのか楽しみな部分でもありますね。

7フッター(213cm)でガード並みの動きができる選手と言えば、ケビンデュラントが頭に浮かびます。ケビンデュラントのように高身長ながらもアウトサイドからの得点やディフェンスで相手をブロックするなどの能力を今後も発揮してくれるのではないでしょうか。

チェットホルムグレンはNBAドラフト2022において全体1位指名の予想も挙がっています。最近のNBAではゴンザガ大学出身の選手の活躍が飛躍的に伸びてきます。八村塁選手もその1人ですね。NBAドラフト2021ではジェイレンサグスもNBA入りを果たしています。

ゴンザガ大学のメンバーで集まってチームが完成するのも観てみたいですね。

NBAドラフト2022のチェットホルムグレンをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【チェットホルムグレンのまとめ】

いかがでしたか?

●チェットホルムグレンのプロフィール
●チェットホルムグレンの魅力①:7フッターが兼ね備える俊敏性
●チェットホルムグレンの魅力②:高いハンドリング力
●チェットホルムグレンの魅力③:優れたショットブロッカー
●チェットホルムグレンの今後

今回は、NBAドラフト2022候補であるチェットホルムグレンについて紹介していきました。

7フッターのフォワードプレイヤーとしてNBAでの活躍も十分に期待できる存在となっているチェットホルムグレン。ステフィンカリー称賛のビッグマンはNBAという舞台でどこまで飛躍できるのか注目となってくると考えられますね。
#7フッターのアウトサイドプレイヤー
#次世代のケビンデュラント

ぜひ、チェットホルムグレンをチェックしてみてください。

About モンキー 801 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*