バスケで突き指した時の治りが早くなる対処法

こんにちは。

シェルです。

バスケをしていると突き指してしまうことって、よくありませんか?

そんな時に、突き指の治りが早くなる対処法についてお伝えしたいと思います。

【バスケで突き指した時の対処法まとめ】

それでは早速見ていきましょう!

【突き指直後〜3日後まで:とにかく安静&アイシング】

突き指をしてから3日経つまでは、とにかく突き指した指を動かさないようにしましょう。

そして、1時間ごとに20分のアイシングをしましょう。

アイシングの方法は簡単で、コップに氷水をなみなみ注ぎましょう。

その氷水に、突き指した指を突っ込みます。

かなり冷たいですが、ちゃんと20分のアイシングと、1時間の休憩を繰り返していくと、治りが驚くほど早くなります。

この突き指直後からの3日間は勝負です。

【突き指3日後~7日後まで:少しずつ動かしていく】

突き指してから3日経ったら、少しずつ指を動かしていきましょう。

もちろん、痛みが出ない範囲内で行ってくださいね。

そしてこの期間も、アイシングを忘れずに行いましょう。

【突き指7日後~:サポーターorテーピングでバスケ復帰】

突き指してから1週間以上経って、もうだいぶ痛みも引き、ある程度指を元どおり動かせるようになったら、サポーター、もしくはテーピングで補強した状態でバスケに復帰しましょう。

テーピングは、巻き方をわかっている方が行ってくださいね。

もしテーピングの巻き方を知らなかったら、指のサポーターを購入しましょう。

【まとめ】

いかがでしたか?

ここで示している期間は、あくまで目安でしかありません。

3日以内は、アイシングして安静は、守って欲しいところではあります。

ですがそれ以降に関しては、突き指の症状の程度によっても変わってくるので、自分の

シェル
About シェル 316 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*