バスケでキャプテンが果たすべき3つの役割

こんにちは!シェルです!

この記事では、部活などでキャプテンに任命された時、どんな役割を果たせばいいのか?についてまとめています。

「キャプテンに選ばれたけど、どんなことをしたらいいかわからない」

「自分がキャプテンに向いているかどうかわからなくて不安」

と、悩んでいる方は、ぜひ読んでいってくださいね。

【バスケでキャプテンが果たすべき役割3選】

それでは早速、見ていきましょう。

【キャプテンの役割1:チームの目標を掲げる】

まず最初にご紹介する、キャプテンの役割は「チームの目標を掲げる」です。

まずはチームとして、どこを目標に据えて走り出すべきかを、掲げましょう。

目標を決めるプロセスは、キャプテンが先導して決めてもいいし、チームみんなで話し合って決める、でも構いません。

チーム全員が、同じ方向を目指すことがとても大切です。

【キャプテンの役割2:1人1人の気持ちを知る】

続いて2つ目にご紹介する、キャプテンの役割は「1人1人の気持ちを知る」です。

キャプテンが1人で突っ走りすぎて、チームメイトを置いていってしまうことは、時々あります。

ですが、それではチームメイトの気持ちはどんどん離れていってしまい、チームが分裂してしまいます。

それを避けるためにも、キャプテンはチームメイト1人1人の本音に、耳を傾けるようにしましょう。

チームメイトが本音を話すときは、一切否定してはいけません。受け取りましょう。

ここで注意したいのは、気持ちを知ることと、顔色を伺うことは全く別物です。チームメイトのご機嫌取りをする必要はありません。

ただ、チームメイトの気持ちをちゃんと理解しているかどうかは、キャプテンとチームメイトの信頼と大きく関わってくるので、ぜひ意識してみてください。

【キャプテンの役割3:よくコミュニケーションをとる】

続いて3つ目にご紹介する、キャプテンの役割は「よくコミュニケーションをとる」です。

キャプテンは、時として厳しいことをチームメイトに言う必要があります。

ただ、厳しいことを言えるかどうかは、普段どれだけチームメイトとコミュニケーションをとり、メンバーと信頼関係を築いているかによって変わります。

普段から信頼関係を築いていれば、厳しいことを言った時に、スッと受け入れてくれます。

しかし、信頼関係がない状態で厳しいことを言っても、ただ仲が悪くだけで、良い効果はあまり生まれません。

ですから、キャプテンとしてチームを引っ張るためにも、ぜひコミュニケーションを細かく取るようにしてください。

【まとめ】

いかがでしたか?

キャプテンとしての役割の話は、リーダーシップ論につながるので、とても奥が深い話です。

ですが、いきなり高度なことをする必要はありません。

上記にある3つの役割をしっかりと意識すれば、キャプテンとしてものすごくやりやすくなるはずです。

ぜひ意識してみてくださいね。

シェル
About シェル 316 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*