バスケ用語解説!アイソレーションとは何か?

こんにちは!シェルです!

この記事では、バスケ用語の1つ、「アイソレーション」について解説したいと思います。

【バスケ用語!アイソレーションとはフォーメーションのこと】

バスケ用語の1つである「アイソレーション」とは、いわゆるフォーメーションのことを指します。

どのようなフォーメーションなのかというと、アイソレーションは、チームの中で特に得点能力の高いプレーヤーを、意図的にコート上の広い場所で1人にし、ボールを持たせてい1対1を仕掛けさせます。

特にNBAではアイソレーションをすることが多く、様々な場面で、広いエリアで1対1を仕掛けさせる、ということをします。

【アイソレーションのメリット】

アイソレーションのメリットはいくつかありますが、得点能力の高いプレーヤーがいた場合、1対1を仕掛けさせることができます。

そのためチームメイトも迷わず動くことができ、使い方を間違えなければ、非常にうまく行きやすいです。

また、時間のコントロールもしやすいです。

24秒タイマーが残り10秒を切った頃にアイソレーションを組んで、1対1を仕掛け始めれば、ちょうど24秒を使い切る形でオフェンスを終えることができます。

【アイソレーションのデメリット】

逆に、アイソレーションにはデメリットもあります。

それは、相手のディフェンスに対応されやすいことです。

ディフェンスは、オフェンスがどういうパターンで攻めてくるかを学習するので、アイソレーションのような単調な攻め方は、すぐに読まれるようになってしまいます。

また、使う場面を間違えれば、アイソレーションを行うことで、相手チームにゲームの流れを明け渡してしまうことにもなり兼ねません。

ですから、アイソレーションを使うタイミングには注意が必要です。

【まとめ】

いかがでしたか?

超攻撃力の高いオフェンスプレイヤーがいるチームであれば、ぜひアイソレーションの採用を考えてみてもいいのかなと思います。

シェル
About シェル 316 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*