【NBAニュース】高校トップ選手の新しいキャリアのスタートNBA Gリーグ

4月16日(日本時間17日)高校トッププレイヤーで2021年のドラフト1位指名が最有力候補であるジェイレン・グリーンが大学に進学せず、来季NBA Gリーグでプレイすることが決まりました。

また4月17日(日本時間18日)にはもう1人高校トップクラスのプレイヤーと言われているアイザイア・トッドが同じく大学に進学することなく、NBA Gリーグのチームと契約を結ぶと報じられました。

グリーンは2020年のマクドナルド・オールアメリカン(高校オールスター)、かつジュニアのアメリカ代表の一員で、2019年にはU19、2018年にU17のFIBAワールドカップ、そして2017年のU16アメリカ選手権で金メダルを獲得しており、アルゼンチンで開催された2018年のU17 FIBAワールドカップではMVPに選ばれている実力者です。

一方でトッドも020年卒業の高校選手として全米13位、バージニア州ではトップにランク付けされており、こちらも2020年のマクドナルド・オールアメリカンやジョーダン・ブランド・クラシック(高校オールスター)に選出されています。

NBAドラフトは2005年のドラフトを最後にルール改定があり、翌年2006年からは高校卒業後のタイミングでNBAドラフトにエントリーすることは出来ないとなっており、早い選手でも大学を1年過ごした上で19歳になっていないとNBAにエントリーできないという仕組みになっています。

本来であれば大学に進学し、その後NBAドラフトにアーリーエントリーを行うというのがオーソドックなやり方でしたが、2020年のNBAドラフトで上位指名が予想されるラメラ・ボールのように大学に進学することなく、海外のプロリーグでプロ選手として経験を積んで、NBA入りするための準備を着々と進めるという選手も出てきており、今回は大学進学以外でNBAエントリーを行う別のルートとして選ばれているとも言えます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 578 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*